双方向のケーブルテレビ

1990年代から「都市型ケーブルテレビ」が次々と開局していきました。

これは参加者側からケーブルテレビのセンターに向けてデータを送信出来るという双方向のシステムを導入したケーブルテレビです。

双方向でデータが送受信可能なようなホームターミナルを利用することによって実現したものです。

このシステムをケーブルテレビが実現したことによって、昔はテレビの視聴者に対して紙等でアンケート調査していたものが、リアルタイムに調査することが可能なようになりました。

このシステムを利用したケース容易に視聴率を知ることが出来ますし、アンケートを集計することも出来ます。

中だとしても「ペイ・パー・ビュー」はケーブルテレビで放映している番組のなかで有料となっているコンテンツに対しておこなう課金やり方で、視聴者が視た番組に対して課金していくやり方です。

USA等では1980年代からすでに始まっていたサービスです。

もう一つ「ビデオ・オン・デマンド」は、電子レンタルビデオをとも呼ばれるもので、視聴者がみたいときにみたい映像を視聴出来るサービスです。

一定段階の放送では出来ないような、映像を停止したり一時停止したり早送りしたり等のハンドリングがおこなえるものです。

視聴するのに利便性が高いサービスです

多くのケーブルテレビがこの「ビデオ・オン・デマンド」をテレビのサービスに付随する形として提供しています。

この双方向の通信システムを活かして、プロバイダ事業や回線交換方式の電話やIP電話事業をしている業者もいっぱいいます。

CATVインターネット

ケーブルテレビが行っているインターネット環境要件は今みたいにADSLとか光ファイバー等が普及してくる前からずっと数Mbpsのスピードを誇っているブロードバンドでした。

近年あるケーブルテレビのインターネットは、テレビ放送用のインフラ環境要件を利用しているので距離によって電波状況の劣化がADSL等に比べてわずかです

一定段階ADSLではNTT局から各ご家族までの距離が遠くなればなるほど電波に影響がでやすくなってしまいます。

また各ご家族にはモデムの設置が必要となってきます。

これはADSLだとしてもケーブルテレビだとしてもインターネットを利用するのに必要ですので家のなかに設置します。

データのやりとりには高い周波数を利用して周波数帯域を広くとれるようにしています。

より一層上の高い周波数信号を利用することが可能なようにケーブルテレビ局では、基地局と各ご家族を同軸ケーブルで結び、途中変換器を通して光ファイバーにつないでいます。

こんな風に光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせて利用するケースが多くなってきています。

これによってケーブルテレビ局と各ご家族までを全部同軸ケーブルでつなげたら高い周波数でのやりとりが可能なようになります。

しかしながら中には光ファイバーを使わないで、いまだに同軸ケーブルだけでつないでいるケーブルテレビ局も数多くいます。

インターネットで利用する同軸ケーブルはテレビ放送用に利用していたものです。

ケーブルの中心には銅線があって、周囲を絶縁する為にポリエチレンで巻いて、その上からアルミニウムで巻いてより一層もう一度ポリエチレンで巻いています。

アルミニウムを巻くことで外部からのノイズを受けることがなく電気信号も劣化しがたくなります

インターネット接続環境

ケーブルテレビを利用してインターネットを行うケースは、ケーブルモデムを設置する必要があります。

ケーブルテレビ側のインターフェイスは同軸用のF型コネクタとPC用に10Base-T用のRJ-45がでています。

ケーブルテレビのモデムは電源を常に入れた有り様にしておいてください。

初めの導入工事のときにケーブルテレビ局からIPアドレスが付与されます。

これはグローバルアドレスだったりプライベートアドレスだったりします。

ネットワーク設定は本質的に何もしなくても自動的に認識してパーソナルコンピュータがインターネット環境要件に接続します。

Windowsのケース、ネットワークカードを組み込んであってTCP/IPやIPアドレス等を自動的に取得してくれます。

ですのでケーブルモデムにパーソナルコンピュータをつなげて起動することによって早速にインターネットが利用出来る環境要件に存在するわけです。

しかしながら一部のケーブルテレビ局では事前にネットワークカードに記載してあるMACアドレスを登録しないといけないケースもあります

このMACアドレスは全部のデバイスを固有IDで認識出来るものです。

これによってケーブルテレビ局が接続する端末を特定するものです。

それによってネットワーク環境要件が変わるケースは事前に申請して変更することを忘れないようにしてください。

本質的には近頃のパーソナルコンピュータは全部自動認識でインターネット環境要件につないでくれます。

中にはうまく接続出来ないものがあります

そのケースは、導入工事の人が持ってきてくれる設定マニュアルを参照にして、IPアドレスやTCP/IP等をハンド入力することになります。

近頃では各ケーブルテレビ局も支援体制を充実させています。

分からないことがあれば支援デスクに電話して聴くことが一番急いでて確実だとおもいます。