ケーブルテレビを選ぶにあたって

ケーブルテレビは手がるで楽ですのですが、しかしながら案外料金が高くなるケースもあります。

ケーブルテレビを選択するにあたって結局どみたいに考えればいいのかポイントをみていきます。

ケーブルテレビ局ではテレビとインターネットやIP電話等をまとめて参加可能なようにしているケースが増加しています。

このケースまとめて参加出来るのでお手続が容易なことと料金支払いが一本化出来るというメリットがあります。

しかしながら費用が必ずしもお安くなるわけではなく、割高になる場合もあります。

各ご家族で自分たちの環境要件やお目当てに合わせて検討してください。

方式をトランスモジュレーションにするケースは、テレビ側にチューナーが内蔵されていなくても使えるため昔からあるブラウン管のテレビだとしてもデジタル放送を視ることが出来ます。

しかしながら本質的にはテレビや録画機材1台につきSTBが1台必要となってきますからその分の料金が必要となってきます。

テレビや録画機材がいっぱいあるご家族では注意が必要です。

そしてトランスモジュレーションを利用して録画したケースきはSTBで外部入力を利用して録画しなければならないので接続やり方や予約の手法がやや複雑です。

中だとしても録画機で2番組を同じ時録画したくても出来ないといったように楽なシステムも使えないことがあるので注意してください。

ケーブルテレビによっては、録画システムが付いたSTBを持っているところもあります。

こんな風にテレビ番組をよく録画する人にとってはデメリットも沢山ので、事前に確かめた方がいいとおもいます。

ケーブルテレビを選ぶにあたって2

ケーブルテレビの地上デジタル、パススルー方式は現実にの利用的だとおもいます。

リビングに1台のSTBを設置しておけば、ケーブルテレビならではの多彩な番組を楽しむことができたり、BSやCSチャンネルも楽しむことができたりします。

あというのは寝室やこども部屋等に地上デジタルの対応テレビを設置することによってSTBを個々の部屋に設置しなくても地上デジタル放送を視ることが出来ます。

ただしBSパススルーに対しては視聴出来るかどうかケーブルテレビによって対応が違うため事前に確認が必要です。

また従来みたいに家に戸別にアンテナを設置したケース、設置工事費用等で初期費用は高くなりますがテレビや録画機材が何台その家にあっても月々の支払い料金は変わらないので楽です

数多く台テレビや録画機材がある人はこちらの方がお得になるケースも多々あります。

また地上デジタルやBSデジタルやCSデジタルのチューナーを内蔵しているテレビや録画機材を利用するならば、機材選択が自由に出来ることや料金を気にしなくてもいいこと等を考えるとアンテナにした方がお得だとおもいます。

ただし元来からあるお目当てみたいに電波が届きずらい立地では文句なくケーブルテレビの力を借りた方がいいとおもいます。

ちなみに地上デジタル放送は、屋内アンテナだとしても視ることが出来るケースがあります。

電波塔の近くに家がある人や、見晴らしのいい立地に家がある人のケース、屋外アンテナを設置しなくても屋内アンテナだけで十分電波受信が出来ることがあります

このケース、屋内アンテナだとしても常に安定した映像を視ることが出来るかも知れません。

屋内アンテナが使えるならば、屋外からケーブルを引き込む必要もないので、ケーブルの延長工事等も不要になります。

手がるにデジタルテレビを視ることが出来るわけです。

電話

ケーブルテレビが取り扱う電話は「直参加電話」です。

直参加電話というのはNTT等が提供している固定電話のことで、ケーブルテレビが提供している電話のことを「CATV電話」とも呼んでいます。

2010年3月からNTTからケーブルテレビ等他社の電話に移行する際にも番号ポータビリティを利用することが可能となり楽になりました。

各会社が他の通信サービス等とセットにして割引料金を設定したりしています。

しかしながらながら工事費や基本料、通話料や割引要素等が各業者で同一要素ではないため安いか高いか比較がしずらい状況です

ケーブルテレビの業者では大半がインターネットと複合したIP電話方式をとっています。

IP電話は電話番号が割り当てられていますが、番号は「050」で始まるものと一定段階の固定電話みたいに「0**」で始まるもの2種別があります。

これはケーブルテレビの回線を利用して交換機に接続したものです。

一部のケーブルテレビ局ではKDDIのケーブルプラス電話を利用しています。

またジュピターテレコムの傘下に存在するケーブルテレビ局では一部VoIPではなくアナログ回線で回線交換していることもあります。

ジュピターテレコムの傘下ではウィルコムとの提携によってPHSサービスを行っているところもあります。

家の固定電話をNTTからケーブルテレビに移行しようとするケース、NTTを休止有り様にしてから移行するのか解約してから移行するのかによってもお手続がチェンジしてきます。

休止有り様にしておこなうケース、お手続はケーブルテレビ局が代行してくれますが解約のケースは本人でお手続をしなければなりません。

より一層工事費用もかかりますから、容易なことではありません。

事前に損か得かきちんと検討して見極めてから申し込むようにしてください。