チューナーの選び方

ケーブルテレビのチューナーを選択するには重大なポイントがあります。

的確ケーブルテレビチューナーの選択法を見ていきましょう。

まず、ケーブルテレビのチューナーを市販しているストアーの身元確認をきちんと行ないましょう。

ストアー頭に特定商取引法の表示がきちんとしてあれば安心です。

市販者の名前や住所や電話番号等の記載がないケースはオーダーを抑制した方がいいとおもいます。

次にチューナーをオーダーした後の支援体制も確かめておくことがたいせつです。

ケーブルテレビのチューナーをオーダーしても、ありのままの設置やり方やその後のハンドリングやり方等が分からないと困ります。

特に自分自身でハンドリングしたり設置したりするのが不得意な人は支援体制がきちんとしているストアーでのオーダーをおススメします。

次にチューナーの生産品保証を確かめてください。

ケーブルテレビのチューナーが故障したケースではに対応可能なように保証がきちんとついている市販ストアーでオーダーした方がいいです。

そしてもしも故障してしまったケース、修理もおこなえる市販ストアーの方が安心です。

最後にチューナーの品揃えが潤沢で常に在庫を持っている市販ストアーを選択します

オーダーしても在庫がなくてなかなか届かないことがよくあります。

在庫があれば待つこともありません。

品揃えが潤沢なストアーではいくつかあるチューナーの機種に対しての特徴、デメリットやメリット等をきちんと了解しています。

オーダー前に相談することが出来ます。

以上の点を踏まえてケーブルテレビチューナーを選択するようにしてください。

悪質勧誘

ケーブルテレビは電波の悪い立地や情報伝達やり方として有用なサービスです

しかしながらながらケーブルテレビに参加してお得になるケースと、得にならないケースがあります。

ですので参加に際しては、利用する本人が十分に検討して判断するように注意が必要です。

近頃では、十分な解説も行なわずに巧みにケーブルテレビへの参加を誘う悪質な勧誘も増加しています。

自治体によっては警告を発するほど勧誘がひどい立地もあります

訪問勧誘が悪いことではありません。

多くの会社は真面目に活動しているのでしょうが、中には悪質極まりない勧誘をおこなうところもあります。

例えばもうすぐデジタル放送に切り替わることを理由とした勧誘です。

「テレビがもうすぐ映らなくなってしまうので見ることができなくなります

」というような勧誘をしてきます。

地上デジタル放送に対して詳しく了解していな人が沢山のを利用した悪質な文句です。

2011年7月まではまだアナログ放送をしていますから、依然として視ることが出来ます。

地上デジタル放送になることによって、今利用しているテレビは映らなくなると漠然とした不安を抱えている人は多くいるとおもいます。

その心理を突いた悪質な勧誘文句です。

あわてて参加せずに、冷静にきちんと調べてから参加を検討してください。

デジタル放送になるまでまだ時間があります。

兎にも角にも初めに「もうすぐテレビが見られなくなります。

」というようなことを言ったら注意してください。

メリットとデメリット

ケーブルテレビを利用するにはメリットとデメリットがあります。

まずテレビの受信やり方ですが、戸別にアンテナ設置するやり方とケーブルテレビを利用するやり方があります。

戸別にアンテナ設置するやり方のケースの持つ利点としては、戸別にアンテナを1台設置するため家に何台テレビがあっても月々支払う視聴料金は変わりません。

デメリットとしては、アンテナを設置しなければならないので設置費用がかかること。

より一層テレビ側にもデジタルチューナーを必要とします。

またBSやCSやNHKを視聴するケース個々契約をしなければならない手間があります。

一方ケーブルテレビにしたケースの持つ利点としては、一つの契約を行うことでBSもCSも全部視聴可能となることです。

テレビ側にデジタルチューナーは不要です

デメリットとしては、テレビや録画機材等1台ごとにSTBを設置する必要があるため費用がかさみます

1台追加するごとに1ヶ月2,000円くらい費用がかかります。

運営しているケーブルテレビによって若干料金がことなってきますから確かめてください。

デジタルチューナーが不要ですので、テレビ等に内蔵されているものはそのチューナーが無駄になります。

より一層録画も手法が面倒くさくて不便です

テレビを視ているときには録画が出来ない、ダブルチューナーを利用して2番組同じ時録画が出来ない等の不便さがあります。

EPGシステムを利用しての録画も出来ますが複雑ですのでなかなかありのままには録画出来ません

こんな風にアンテナもケーブルにも個々メリットとデメリットがあるのです。

これらを了解した上で、どちらを採用した方がいいか検討して決めてください。