背景

ケーブルテレビは元来山間部や離島等で電波が届きがたく視聴が困難な立地に向けて電波を発信する為に設置されたものです。

空きチャンネルでインターネット接続にも利用されています

この際通信ケーブルは主として同軸ケーブルを利用しています。

しかしながら近頃では大容量通信に対応したり多チャンネル化したりする為に、光ファイバーを基として同軸ケーブルと組み合わせているものが多くなっています。

ケーブルテレビでは首都圏等の都市部で放送された番組の再配信を立地に行ったり、テレビ東京等その立地では放送されていない放送の番組を視聴したりすることが出来ます

しかしながらながら視聴スポットはあまり広くないので、地方の人にとってはまだ手がるに利用出来るものではありません。

そういった中特にケーブルテレビにトピックが集まってきた背景としては、通信ケーブルが各ご家族に伸びている特性を利用して行政情報や防災情報等を配信するのに非常に有用であることがわかったからです。

緊急地震速報や津波情報等いざというときの通信手段は立地に密着したケーブルテレビが一番大大活躍出来るというわけです。

より一層地方では立地の情報を発信していくのに楽なので市町村が出資して開局したケースいうケースも多くなっています。

こんなケーブルテレビ局のケースは非営利な組織として運営されます。

地方ではは、ケーブルテレビはADSL等と比べると速度低下が少なくて、ブロードバンドを利用するのに有用で、何と比べるとインターネットに接続する為に貴重な手段となっています。

コミュニティチャンネル

コミュニティチャンネルというのは、空いているチャンネルを利用して各ケーブルテレビ局が立地ごとの情報を提供していこうと自主放送のことです。

ケーブルテレビ局がコミュニティチャンネルを開始した当初は立地住民の認知度が低く了解度も低かったのですが、現在では大手民法放送のテレビ局がわずか立地等を中心に主要なサービスとして展開されています。

取り扱っている立地情報は非常に幅が広くて、その立地のトピックから議会中継等の行政情報等の本質的なコンテンツ、より一層運動競技中継や立地段階で行なわれている運動競技大会や催しまで放送されています

立地の運動競技中継では、夏の高校野球の地方予選等を放送しています。

ケーブルテレビ局がオリジナルに中継車を現場に導入して作製現場強化をはかっているところも増加してきました。

近頃、NHKと連携してNHKの番組を地元ケーブルテレビ局と供に協力して作ったり、地元のケーブルテレビのアナウンサーをNHKの番組に出したりしています。

大半のケーブルテレビに属しているアナウンサーは、大手のテレビ局みたいにアナウンサーという専門職ではありません。

プロデューサーやディレクターやカメラマン、記者等多くのお勤めを兼任してアナウンサーも行っています。

それによってケーブルテレビ局では、アナウンサーとして採用しているところはありません。

ケーブルテレビが行っている自主作製番組のなかでは、社員がいくつものお勤めを兼務して行っていますが、財政的に余裕があるところでは一部外部発注してスタッフや出演者を集めているところもあります。

地上デジタル放送方式

2011年7月から近年の地上アナログ放送が終了して、地上デジタル放送に切り替わります。

それに伴い、ケーブルテレビ局だとしてもケーブルテレビをデジタル化しました

先にも述べましたように、「STB」というセットTOPボックスを設置することによって受信可能なようになります。

ケーブルテレビが提供している地上デジタルの放送方式には3つあります。

1つ目は「同一周波数によるパススルー方式」です。

多くのケーブルテレビ局はこの方式をとっています。

地上デジタル放送は有り様をかえることなくそのままケーブルに流して各ご家族に送信します。

このケースは一定段階の接続やり方で視ることが出来ます。

地上デジタルチューナーも一般品で大丈夫、追加料金もなく0円で利用出来ます。

2つ目は「周波数変換によるパススルー方式」です。

一定段階の地上デジタル放送がだしている周波数を他のものに変換してケーブルに送信します。

この為に周波数を変換した方式に対応したテレビやチューナー、レコーダーが必要となってきます。

周波数変換の手法によっては接続やり方が若干チェンジしてくることもあります。

地上デジタルチューナーにはケーブルテレビに対応品が必要となってきますが、追加料金はなく0円で利用出来ます。

3つ目は「トランスモジュレーション方式」です。

ケーブルテレビ専用におぜん立てされているチューナーをレンタルするか買い取って利用する方式です

月々利用料金を支払う必要があります

数多く台のテレビを持っているのであればば、チューナーも台数分必要となってきます。

地上波放送がうまく受信出来ない立地では最後の手段として不自由を覚悟して利用しています