契約に際しての注意事項

ケーブルテレビの料金のなかには本質的にNHKの受信料は含有されていません。

NHKの受信料は別途NHKに支払うのが世間一般的です。

しかしながら近頃はケーブルテレビ局にてNHK受信料を徴収代行しているところもあります

ケーブルテレビの利用料金と共にNHK受信料を徴収するのですがこんなケースでは割引制度を設定しているところが沢山やうです

NHK受信料がお得に割引になるというものです。

子細は立地のケーブルテレビ局に問い合わせをしてください。

ケーブルテレビを契約する前に集合住宅にお住まいの人は注意が必要です。

集合住宅のケース、一定段階の戸建住宅みたいに参加して工事を行ない即利用というふうに容易にはいかないです。

賃貸物件のケース、個人の意向だけでなく物件を所有しているオーナーの許可が必要だからです

また分譲マンション等のケースだとしても、管理組合、管理会社等の強化が必要となってきます。

マンション等のケース1部屋だけにケーブルテレビを導入するのではなく、マンション全体1棟に1つのケーブルが入ることになります。

それによって他の入居者の了承をとる必要も出てくるのです

これらのことを事前に確かめてからケーブルテレビに申し込みを行うようにしてください。

WOWOWに対してですが、ケーブルテレビに参加することによってそれで視聴出来るわけではありません。

別途WOWOW利用料金が必要です。

一定段階アンテナテレビでWOWOWを視聴するには専用のデコーダが必要となりこれは8,000円くらいかかります。

しかしながらケーブルテレビのケースはこのデコーダがなくても直接見ることが出来るためお得です。

中にはキャンペーンで参加料金を不要にしているケーブルテレビ局もあります

子細は立地のケーブルテレビ局に問い合わせをしてください。

インターネット

ケーブルテレビが提供しているインターネットサービスはブロードバンドと同じです。

通信速度は最大で30Mbpsありますし、月額の固定料金となっているので1ヶ月間どれだけだとしてもインターネットを楽しむことが出来ます。

より一層ケーブルテレビのケースは常時接続されているので、インターネットを利用する度にネット接続したケースいう手間がありません。

ブロードバンドの定義をハイスピード通信と定額料金そして常時接続とするならば、まさにケーブルテレビのインターネットもブロードバンドになるというわけです。

より一層ケーブルテレビでインターネットを利用したケース、常に安定した通信速度を保つことが出来るというメリットがあります。

それによって接続しずらい等の不具合が発生しがたくなります。

インターネット料金にはインターネットの通信料金とプロバイダ料金がすでに含有されているので、別途費用が発生しません。

ただし一部のケーブルテレビ局ではモデムのレンタル料金が必要となるところもあるでしょうから事前に立地のケーブルテレビ局に確かめることが必要です

ちなみにモデムはケーブルテレビを利用する上で絶対に必要なものですので、使わないというこというのはありません。

インターネット料金は各ケーブルテレビ局で幾らかのコースを速度別におぜん立てしています。

料金は1,000円から6,000円くらいまであってます。

通信速度が遅いものはお安く、通信速度が速いものほど高くなります。

通信速度は何処のケーブルテレビだとしても最大は30Mbpsです。

インターネットを利用する際、初めeメイルアドレスは1つ0円で付与されます。

数多く必要なケースは有料となるケースがあります

Webスペースも利用することが出来ます。

ウィルス確認も利用することが出来ますが、ケーブルテレビ局によっては別途料金が必要となるところがあります。

他にも携帯や職場等お好きなアドレスに送ってくれるeメイル転送サービス等があります。

事前準備

ケーブルテレビでインターネットを利用するケース、ケーブルテレビ局に申し込みするこというのは当然ですが事前に自分自身で準備しておくことがあります

まずインターネットが可能なように必要となる道具をおぜん立てします。

必要な道具というのは、パーソナルコンピュータ、LANアダプタ、ソフトウェア等です。

インターネットを利用するからには、利用する環境要件としてパーソナルコンピュータ、あるいはパーソナルコンピュータに準ずる機材をおぜん立てする必要があります。

次にケーブルテレビのモデムと自分のパーソナルコンピュータはLANケーブルを利用して接続することなって、パーソナルコンピュータ側にLANの差し込み口があることを確かめておいてください

LANボードやLANカードが内蔵型のケースはそのままで大丈夫ですが、ないケースは後付けする必要があります。

近頃のパーソナルコンピュータは初めから内蔵されているものが大半です。

そしてインターネットをパーソナルコンピュータで利用する為には、インターネットに接続するためのブラウザのソフトとeメイルのソフトが必要です。

インターネット環境要件が使えるようになっても、それを利用するソフトがなければどうにもならないからです。

近頃のパーソナルコンピュータではこれらも標準で入っているものが大半です。

念の為確かめておきましょう

ケーブルテレビでインターネット環境要件を作ってもらったら、あというのは自分自身でパーソナルコンピュータの設定をしてインターネットが使えるようにしなければなりません

工事にきた業者さんがインターネットの設定マニュアル等を初めにもらえるとおもいますから、それを見ながら初期設定を行ってみてください。

有料でこのパーソナルコンピュータ設定も業者に依頼することが出来ますから、どうしても自分自身では出来ない人は利用したケース楽です

これらの費用等に対しては、ケーブルテレビ局によってギャップますから、立地のケーブルテレビ局に確かめてみてください。