iPhone(アイフォン)の電源バッテリー診断が、公式アプリから可能に2

アップルアフターサービスアプリを使って、電源バッテリー診断にトライする方法

それでは、ここから電源バッテリー診断をおこなう方法をご紹介していきます。
1.アプリをダウンロード
アップルサポートのアプリをDLしていない方は、まずは、アプリをiPhone(アイフォン)にダウンロードし、インストールすることをおすすめします。
2.アプリを開く
アプリを起動すると、アップルIDの入力を求められますから、入力をしてサインオンします。
次画面になると、『ようこそ』という文字が、記載された画面になりますので、右上にある『スキップする』をタップして飛ば、すか、横に移動させてページをめくっていっていくかしていき、『最適な解決策を探す』という画面まで進めましょう。
3.ぴったりの解決策を探す
このディスプレイが、表示されたら、画面下の『は、じめる』をタップします。
すると、位置情報利用許可のポップアップが、表れます。
自由に許可をタップしましょう。
4.診断したいiPhone(アイフォン)を選択
次画面では、『お客様の製品』という一覧が、表示され、今使っているiPhone(アイフォン)が、表示されるは、ずです。
ここで電源バッテリー診断して貰いたいiPhone(アイフォン)をタップします。
すると、iPhone(アイフォン)を利用していく上で、困ってしまっている故障障害状況の項目が、おおよそ分かれて、羅列されます。
『電源バッテリー、電源、および充電』という項目が、反映されますので、そこをタップします。
5、電源バッテリーに補修修理が必要
『電源バッテリー、電源、および充電』にすると、その項目に関係する、様々な故障障害状況が、羅列されます。
そこを一番下までスクロールしましょう。
『電源バッテリーに補修修理が、必要性である』という質問が、出てきます。