iPhone(アイフォン)の電源バッテリー診断が、公式アプリから可能に1


iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換えの際、保証期間内であれば、アップルストア等にて無償にて取り換えしてもらう事が、出来ますが、その条件には、蓄電容量が、新品の時と比べた場合に、80%以下というのが、入っています。
ですので、電源バッテリーの劣化現象かなぁ…と考えた際に、自宅にて電源バッテリーの診断アプリを利用して、おおよその目安を調べてから、補修修理に出すという方が、たくさんいらっしゃるようです。
この診断アプリには、Battery Careといったアプリや、電源バッテリーライフといったアプリが、有名で、試した事が、あったかという方もおおいのでは、ないでしょうか。
ですが、こういった電源バッテリー診断アプリで80%以下の数値が、あったとしても、実際にアップルストアへと向かって、アップルの診断プログラムで電源バッテリーの劣化現象状況をチェックしてみれば、80%以上の数値が、現われて、無償での取り換え条件以下だったという声もよく聞かれているのが、実情です。
電源バッテリー状況の80%以下というのは、どちらにしてもアップルの診断プログラムでの結果です。
いかほどこのようなサードパーティーの診断アプリで80%を切っていても、意味合いは、ありません。
その中で、アップルサポートのアプリの中に、電源バッテリー診断が、できる項目が、追加されましたので、ご説明したいと思います。
こちらの診断でしたら、アップル公式ですので正確です。
電源バッテリーの劣化現象が、関心を持ち、取り換えを検討しているのでしたら、一度こちらの診断を受けてみては、どんなものでしょうか。