iPhone(アイフォン)の電源バッテリーを無償で取り換えする方法4


【取り換え方法2】
もう一つの方法は、配送です。
アップルの方へ配送して補修修理や取り換えを行なってもらう事になりますが、こっちの場合は、約1週間の時間を見る必要不可欠が、あるために、よく検討してお願いするようにしましょう。
配送の場合には、アップル公式サイトのアフターサービスページ、または、電話から申し込む事が、可能だと言えます。
希望の日時に、指定の配送業者が、集荷に来てくれるので、補修修理に出したいiPhone(アイフォン)を配送員に渡すだけです。

電源バッテリー取り換えは、適切に行なう事が、大切です

iPhone(アイフォン)も、初期の頃から使い始めて2年ほど経つと、電源バッテリーのみならず、ボタンの反応もひどくなっていったり、ハードウェアの限界を感じたりするケースが、ありました。
けれど、ここ数年のiPhone(アイフォン)モデルは、電源バッテリーを取り換えすれば、2年以上使っていっても安心して利用できる場合が、いっぱいなっています。
ですので、保証期間が、ある間に、きちんと取り換えしていく事で、長くiPhone(アイフォン)を利用していく事が、OKとなるのです。
最近調子が、おかしいな…充電の減りが、激しいな…と思っている方は、アプリを活用したり等して、電源バッテリーの劣化現象を踏まえてみましょう。
長く同じiPhone(アイフォン)を継続利用していきたい方にとっては、保証期間内に取り換えが、できることなら、そこからまた長く使い続けていく事が、可能だと言えます。
特に、アップルCare+に加入している方は、保証期間が、通常よりも延びてきているので、その期間内に取り換えできる可能性が、高いです。
無償でできる電源バッテリー取り換え、無駄にせずに活用してみてください。