さっそく無線LANの準備をしましょう

      2016/09/28

20787879

メリットやデメリットも含めた無線LANについて、色々な事を書いてまいりました。
いかがでしたでしょうか。
もうすぐ、あなたも有線から無線LANにのぼり変えたくなってきたのではないでしょうか。
ネットブックやノートパソコンを片手に、公衆無線LANでインターネットがしたくなってきたのではないですか。
さぁ、正にやってみましょう!
今回は、無線LANを始める準備についてのお話です。
とっくにここまでの記事をご覧になられたかたは、とっくにだいたいのことがお判り頂けたと思いますが、もう確認いたしましょう。
では、インターネット環境が今や整っていることは必須です。
インターネットも、これからだというかたは、とにかくそちらを先に実行ください。
そうして、無線LANにきっちり必要となるのがルーターです。
これがないと無線LANは出来ません。
そうして、あなたのパソコンに無線LANの機能が内蔵されているかどうにかも、非常に重要です。
内蔵されていれば、ルーターの親機だけあれば大丈夫ですし、内蔵されていなければ、親機とセットの子機(無線LANカード)も必要になるということです。
無線LANには規格がありますから、親機と子機の規格が同一でなくてはなりません。
セットのものを購入した場合には問題は生じませんが、以前に購入した親機があり、真新しいパソコンを購入してその内蔵無線機能を扱う場合などに不具合が起こる場合もあるということです。
用意する物はこれだけで良いのです。
あとは、設定するだけであなたもすぐに無線LANを関わることが出来ます。

無線LANのパスワード

初心者向けのお話になりますが、パスワードを設定するところでつまずいてしまった・・・という話をよく耳にします。
一般的にはパソコンで無線LANを使い、インターネットをしているかたが、その他の機器でインターネットに繋ごうとした時に、パスワードの入力画面になるようです。
ですが、そのパスワードが解らないのでその先に進まずに困ってしまった・・・ということなのです。
あなたもこうしたご経験がありますか。
このパスワードを見つけるための方法をこれからご紹介いたしましょう。
ひと度、スタートメニューの中の、コントロールパネルを開いてください。
その中に「ネットワークとインターネット」という項目がありますでしょう。
そこの「ネットワークの状態とタスクの表示」というところをクリックください。
そんなふうにいたしましたら、今度は、「アクティブなネットワークの表示」という欄にあります「ワイヤレスネットワーク接続」という項目をクリックいたします。
それほどいたしますと、ワイヤレスネットワーク接続の状態というのが開きますから、なので真ん中あたりにあります、ワイヤレスのプロパティというところをまたクリックいたします。
接続のタブでネットワークの状態が表示されますから、そのお隣りのセキュリティのタブをクリックください。
ネットーワークセキュリティキーが非表示の状態で表示されますでしょう。
それほどしましたら、すぐ下の「パスワードの文字を表示する」のチェックボックスにチェックを入れれば、知りたかったパスワードが表示されます。
これで、LAN認証の機器なら何もかも無線LANで使用できるようになりますね。

無線LANの通信距離

無線LANについて、さまざまなことを語ってまいりましたが、何とも大事な事を未だにお話していませんでしたね。
それは、無線LANの通信距離とは、案の定どのくらいであるのか・・・ということです。
これは、無線LANを決めるとする人々にとっては気に上ることですよね。
一体どのくらいだと思いますか。
屋内の場合ですと、主として障害ものが全くない場合で約25mから50m程度まで届きます。
一般のご家庭では、お部屋をひとつ仕切るたびに壁がありますから、その材質によって電波状態が悪くなる場合が多々あります。
でも依然木造住宅であれば、何とか一軒家のどこでも大丈夫だと思います。
コンクリートや金属、そうして大理石などの電波を通しがたい材料に囲まれた場所ですと、かなりの近距離でも電波が届かない場合がありますので注意ください。
また、注意事項としては、キッチンで電子レンジを使用している場合に、その周囲では電波が妨害される可能性もあります。
電子レンジに左右されないタイプのものも出てきていますので、そんなルーターを購入すれば心配はありません。
また、さんざっぱら大きい家に住んで来るかたも中にはいらっしゃると思いますが、木造住宅であるにもかかわらずご家庭内で無線LANの電波が届かないということであれば、通信範囲をもっと広げる機器もあります。
屋外の場合で何も障害ものが乏しい状態の通信距離として、約800mまで通信範囲がはびこるそうです。
それでしたら家の中で壁などの障害ものがあるとしても、はなはだ大きい家までカバー出来ると思います。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - 無線LAN , , , ,