海外旅行先での無線LAN

      2016/09/28

19315618

近年は、海外旅行に立ち寄る日本人も目立ち、そうして、自分のパソコンを持参で立ち寄るかたも増えてまいりました。
旅先でも、いつものようにブログ更新したり、家族や友人にメールを送ったり、チャットしたり、スカイプで電話代を気にせずにお話したいと思うからなのでしょう。
それに、旅先での情報を買い入れるためにももはやインターネットは必需品のようなものですからね。
これまでも、旅先のインターネットカフェを使ってこのようなことは出来たのですが、やはり、常に使い慣れている自分自身のパソコンに叶うものはありません。
自分のパソコンには、自分好みのソフトもたくさんインストールされていますし、キーボードの打ちやすさも、他のものより終始快適です。
こんな旅人達の願いをかなえるように、現在、世界的にも無線LANが普及してきています。
当然、それなりに望ましいホテルであれば、これまでも有線や無線LANにより楽々インターネットに結び付けることができましたが、みんながみんな、そんなホテルに宿泊するわけではありません。
ただし、旅行客がインターネットに結び付ける環境の宿泊施設を待ち望むことによって、だんだんと短いホテルやゲストハウスなどでも、無線LANが使えるようになってまいりました。
それにつれて、海外旅行はもっとうれしいものになってきたのではないでしょうか。
昼間は力一杯観光して、夜は宿でじりじりインターネット。
今後は旅の保ちものの中に、パソコンも来れる必要が生じるかもしれませんね。

海外旅行先での無線LAN(2)

前回は、海外旅行先でも無線LANを使用して、自分のパソコンでインターネットが出来るというお話でしたが、いかがでしたか。
あなたも、次回の海外旅行にパソコン持参で出かけようと思いましたか。
ところで、海外で無線LANが助かるのは便利で可愛いことだけれども、どのようにして使えば良いのかがわからない・・・日本と同じように払えるものなのか何とか・・・その辺が心配になってしまうよね。
本日は、そのあたりのお話をしてみたいと思います。
一番素晴らしい方法は、日本国内において無線LANを行っているプロバイダと契約し、その会社が海外でのローミングサービスで提携している海外のプロバイダのアクセスポイントを取り扱うという方法だと思います。
この場合には、日本国内での契約が必要ですが、日本語ですから、しばらく面倒なだけで契約はどなたでも出来るでしょう。
もし、旅行先が一カ所の国に限定されているのでしたら、滞在する国のプロバイダと直接契約するという方法もあります。
旅行期間だけですから、料金も安くすむでしょう。
但し、勿論英語なり現地語が出来るかたじゃないと難しいかもしれませんね。
日本でもそうなのですが、海外におきましても、まだ完全に無料の無線LANスポットというのは思いのほか少ないです。
飲食店などでは、呑みものや食べものを注文するかわりに、無線LANはただで使用しても良いですよ・・・というところが多いですね。
あくまでも、今の時点でのお話ですから、今後は完全に無料のところも増えてゆくかもしれません。

海外旅行先での無線LAN(3)

そのまま今回も、海外旅行先での無線LANについてお話させていただきます。
日本国内で無線LANをしていますと、ちょくちょく電波が不安定に至るなどして、動画が観にくくなったり、チャットが途切れたりして不便に憶えることもたまにありますが、海外旅行で立ち寄る国によっては、再び耐え難い状態のところがたくさんあります。
断じて、日本と同じ状態を想像終わるほうが良いですね。
当然、欧米などの先進国と呼ばれるような国々であれば、きちんと心配はいりません。
ですが、発展途上国や後進国と呼ばれている地域の無線LANは、気を垂らしなくてはなりません。
頻繁に電波が途切れる状態であったり、通信のスピードが恐ろしく遅い状態というのでも、まだ良い方で、停電ばかりしていたりする国では、とっても用いものにならないでしょう。
でも、まったく無線LANが使用出来るだけマシとも呼べるかもしれません。
少し、まるっきり使用できない国は多いです。
使えるとすれば、高級ホテルのみ・・・という国が多いと思います。
そのあたりを考えて、自分のパソコンを持参するべきかどうにか、よく考えたほうが良いと思います。
最近は、発展途上国や後進国の安価なホテルでも、インターネットが出来るコーナーというのを作るところが増えています。
情報揃えや日本への連絡くらいでしたら、そういった共有のパソコンで充分ではないでしょうか。
また、発展途上国や後進国であっても、インターネットカフェなら、街中にあるところが多いですから、あとは、自分のパソコンじゃないと駄目なのか、そういった共有のパソコンでも良いのか・・・という選択になるでしょう。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - 無線LAN , , , ,