無線LAN搭載のデジタルカメラ

      2016/09/28

19766644

最近では、デジタルカメラにも無線LANが搭載されるようになりました。
以前にも、当ブログ内で、そのお話に小気味よくふれたことがありますが、今回は一段と細かくご説明いたしましょう。
と、言いますのも、今後、無線LAN搭載のデジタルカメラの需要が、伸びるのではないかと言われているからです。
現在、カメラといえば、携帯電話に付属しているカメラも含め、ほとんどのかたがデジタルカメラを使用しています。
デジタルカメラを使用していれば、一気にパソコンなどの電子機器に写真を取りこむことも出来ますし、直接プリンターに取り込んでプリントすることも可能です。
また、友人や知人に一気に見せて上げることや、送ってやることも出来ますから、本当に便利なのです。
あんなデジタルカメラに無線LANが搭載浴びることで、さらに便利になるのは、容易に想像がつきますでしょう。
シャッターチャンスで望み通りの写真を撮ったのち、そばに無線LANスポットさえあれば、一気にオンラインアルバムなどに送信することが出来るのですね。
オンラインアルバムというのは、オンライン上に自分自身のアルバムを持つようなものだから、そのアルバムのURLをおしえて授けることで、どなたでもアクセスし、写真を見分けることが可能となります。
ですから、友人知人の一人一人に写真を見せる必要も無く、非常に便利なのです。
デジタルカメラの無線LAN機能を利用して、そこへ写真を送れば、ちっともリアルタイムで確かめることも出来るのです。
海外からの写真でも同じです。
需要が重なるのもうなづける気がしますね。

無線LAN搭載のデジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレームというデジタル機器が市場に登場してから、まだそれほどの長い月日は経っていませんが、そのデジタルフォトフレームにも、無線LANが搭載されているのです。
本来のデジタルフォトフレームの楽しみかたというのは、デジタルカメラで写した写真をSDカードなどに保存し、そのSDカードを今度はデジタルフォトフレームに入れて、写した写真を楽しむというものです。
紙にプリントした写真のように、ページをめくらなくても、スライドショーのように楽しむことも出来ます。
そのデジタルフォトフレームに無線LANが搭載されたことによって、どのように便利になるのかと言いますと、ほとんど、SDカードがなくてもパソコンなどから写真を見せることが出来ますから、それを家のどこにいても探ることが出来るようになります。
一階にパソコンがあっても、二階の自室でさまざまな写真を見極めることが出来るのです。
また、オンライン上のアルバムに、デジタルフォトフレームから直接アクセスして楽しむことも出来ます。
一段と、オンライン上のアルバムと、特定のデジタルフォトフレームを連動させて、おんなじ写真を表示出来るようなサービスもあります。
ソフトバンクのデジタルフォトフレームなどは、携帯で撮った写真を見せるとデジタルフォトフレーム内の写真が、更新陥る仕組みになっているようですね。
このような使いかたが出来るので、遠くにいる家族や友人たちに、いつでも最新の写真を見せて売ることが出来ます。
一人暮らしのかたなどは、どうにも寂しさを紛らわすことが出来るようになると思います。

無線LAN内蔵のSDカード

これまでの記事でもお分かりいただけましたように、最近では、さまざまなデジタル機器に無線LANが搭載されるようになりました。
そうして、時代の流れとして、それが当たり前のように思うようにもなってまいりました。
ただし、そんなデジタル機器・・・いわゆるハードのほうに無線LANが搭載達するのは特に驚く事ではないのですが、最近では、ハードではなくソフトの方にも無線LANが搭載達するようになってきたのです。
その最初とも呼べるものが、SDカードでしょう。
「Eye-Fi Share カード」という、無線LAN内蔵SDカードがあります。
SDカードに無線LANが搭載達するというのは、いったいどんなことなのでしょうか。
これは、例えば無線LANが搭載されていないデジタルカメラなどでも、無線LAN搭載カメラとおんなじ事が出来るようになってしまう。
これなら、わざと無線LAN搭載のデジタルカメラを購入する必要もないですから、経済的にも嬉しいことですよね。
このEye-Fiの記憶容量は、2GBもあります。
2GBと言いますと、極めて普通のデジタル画像でしたら何千枚も保存できますから、一般的なSDカードとしても利用することが出来ます。
それでいながら、必要な時にはインターネットに繋ぐことも出来るのですから、はなはだ優れものだと思いますね。
当初は、アメリカで発売されたこのEye-Fiですが、メモリーカードとUSB接続のカードリーダーが、セットで販売されています。
初心者が苦手とする、酷い設定などをしなくて済むように、このカードリーダーがついて現れるわけです。
ぜひ、使ってみたい一品です。

無線LAN内蔵のプリンター

このところは、無線LANを搭載している、さまざまな機器をご紹介していますが、今回もまだまだその内容で書いてゆきます。
今回は、無線LAN搭載のプリンターです。
最近のプリンターは非常に便利になりましたね。
パソコンがなくても、年賀状などのハガキ類も簡単に焼けるようになりました。
また、写真のプリントなどにしても、以前は逐一パソコンと繋げなくてはならなかったのに、現在では写真をSDカードに保存して、それをただ、プリンターのSDカードスロットに挟み込むだけで、写真のプリントも出来るのです。
プリンターは非常に進化しましたね。
このような高機能のプリンターに、再び無線LANの機能がついているものが続々と発売されています。
そうしますと、今度はSDカードすらも必要なくなるということになりますね。
そうして、別のお部屋にパソコンがあっても、楽にプリント出来るように罹るということです。
これは、非常にラクなことでもありますね。
プリンターやパソコンのどちらかを持ち歩いて移動しなくて良くなります。
また、ケーブルがないので移動したい時にはいつでもスキな所に移動できますから、インテリアに似合わないという心配もなくなりますね。
ひとつのご家庭で、お父様とお子様とで二台のパソコンを使用している場合それでも、プリンターは一台で共有することが出来ます。
これも無線LANのためケーブル無しなので、いつでもどのお部屋にいても可能だから非常に便利です。
これからは、プリンターも無線LAN内蔵のものが良いですね。

無線LAN内蔵のゲーム機

ゲーム機も、今や無線LANが内蔵されるようになりました。
ひと昔前の家庭用ゲーム機といえば、テレビの前に座って、複数のコントローラーを複数人で操作しながら対戦したりするものでした。
ところが、ゲーム機までもがインターネットに達するようになりますと、今度はオンライン上にいる、見ず知らずの人々とも対戦ゲームが出来るようになったのです。
これは、非常に画期的なことですよね。
そうして、どこにいてもゲームで遊べるように携帯ゲーム機というものも発売されました。
これらにより、ゲームでの遊びの幅が丸々ひろがりましたね。
そうして、今度はゲーム機に無線LANも搭載されるようになりました。
インターネットに結べる機器は、これからはもはや次々無線LAN搭載になってゆくのでしょうね。
ケーブルがごちゃごちゃあるのは見た目も悪いですし、スキなたまにスキな場所に移動できるのは、ちゃんと嬉しいことです。
Wiiなど、ご家族で遊べる家庭用ゲーム機なども、無線LANが内蔵されていることで、どこのお部屋でも楽しむことができます。
また、最近では、インターネットに繋がったパソコンに挿しこむだけでゲーム機が無線通信できるようになるという機器も発売されています。
ゲーム機専用の無線LAN USBソフトウェアアクセスポイントと呼ばれているものです。
これがあれば、Wiiも、プレイステーションも、ニンテンドーDSも、プレイステーションポータブルも、全てが無線通信できるようになります。
無線LANに関する便利な機器は、これからもつぎつぎ開発されるのではないでしょうか。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - 無線LAN , , , ,