無線LANのデメリット

18992857

無線LANのメリットについて二回にわたってお話してまいりましたが、断然如何なることそれでもメリットだけということが有り得ないように、無線LANにもデメリットはあります。
本日は、そのデメリットについてお話してゆこうと思います。
予め一番のデメリットと言いますと、セキュリティの面でしょう。
無線LANは有線とは変わり、電波をその辺一帯に飛ばせているということになりますから、悪質なハッカーに容易に侵入患うという心配があるのです。
ハッカーのほうでも、ノートパソコンなどにLANカードを差し込んで迫るだけでLAN接続が可能となってしまいますからね。
そんなふうにすることで、ひっそりとネットワークの盗聴が適うことになります。
パソコン自体にアクセスされて、内部のファイルなどを全部見られて仕舞う可能性も大きいです。
ですから、無線LANの場合のセキュリティというのは、そうでない場合よりも一層、注意を払わなくてはいけないことなのです。
最低でも、ルーターについているセキュリティの設定だけは、必ずしておきましょう。
オフィスなどでも、セキュリティをしっかりしていないところがあるようですから、気を擦り込みなくてはなりません。
また、アクセスポイントがセキュリティ設定を止める場合には、利用可能な範囲にある全てのパソコンから、アクセス可能となってしまいます。
ということは、他人があなたの無線LANを用いて、インターネットに接続することを許可したとおんなじことになってしまう。
そこから、不正行為をされないためにも、セキュリティだけは、軽く見ないできちんと設定いたしましょう。

無線LANのデメリット(2)

セキュリティ以外のデメリットというと、何か想像つきますか。
それは、通信の不安定さです。
無線・・・つまり電波で通信するわけですから、電波が届き辛い場所ですと通信が不安定になってしまう。
また、チャットをしている時、ひいては、スカイプでお話をしているときなどに、ぶらりと、通信が途切れることもあります。
動画を見ている時などには、その動画がすぐさまコマ送り状態になってしまったり、止まったまま動かなくなることすらあります。
無線で通信するというのは、そんな不便さがあるのですね。
ですが、電波の届き具合が素晴らしい場所であれば、そんな問題も無く、スムーズに通信することが出来ます。
スムーズに通信できるものの、何より有線に比べれば、通信速度がのろいですから、大ファイルなどのやり取りには時間が鳴るというデメリットもありますね。
また、初心者のかたは、設定をしないといけないということで、手間がかかり敷居が激しく感ずることもあるでしょう。
ただし、それもしだいに簡単になってきているので、それほどの心配はいりませんよ。