公衆無線LANの価格

      2016/09/28

17255214

何度か記事に上がっている公衆無線LANですが、無線LANをするようになったら、何しろ外出先にもパソコンを持って行って、ブログの更新をしたり、インターネットで調べものをしたりしたいと思うのが普通でしょう。
そのときに、公衆無線LANが出来る場所が、いく先々にたくさんあると便利ですよね。
公衆無線LANが出来る場所をさまざまな呼び方で呼びますが、「無線LANスポット」や「ホットスポット」などと叫ぶものもそのひとつであると、もはやお話いたしましたが、この無線LANスポットは、年々増加しています。
そうして、現在のところは、有料と無料の無線LANスポットがあるのですね。
歩いていて、無線LANスポットを見つけても、もしかしたら有料で高額かもしれないから入りがたい・・・そのように想うかたも来るかもしれませんが、有料とは言いましても、それだけ高額なわけではありません。
有料の公衆無線LANサービスと言いますと、ホットスポットと呼ばれている所の他にも、フレッツ・スポット、livedoor Wireless、BBモバイルポイントなどと呼ばれている所がありますが、各スポットはそれぞれに個性を持っています。
例えば、全国的に網羅しているサービスであったり、都心部に凄いサービスであったり・・・ですね。
押しなべて、どれを利用いたしましても、価格はどうせ500円前後です。
少々お高めの場合けれども、1500円程度で利用出来ますから、どうしてもデータカードでの通信よりは、なかなか安価に利用することが出来ます。

公衆無線LANとデータカード通信の違い

公衆無線LAN、または無線LANとデータカード通信の違いというのをお話することにいたしましょう。
ところで、データカード通信というのはご存じでしょうか。
このような形式でインターネットに繋ぐ方法は、全く以前よりありますし、一部では既に当たり前のように利用されています。
インターネットが一般のかたがたにも大きく普及するようになったころには、もうすでにこの方法はありました。
カード型の通信機をパソコンのカードスロットに挟み込むなどして、PHS回線や携帯電話の回線を使用してインターネットに繋ぐ方法です。
こちらも、近ころは進歩してきて、カード型からUSB型になったり、エクスプレスカード型になったりしてきています。
でも、未だにデータカード通信というような呼び方をしています。
無線LANとの大きな違いは、データカード通信のほうは、通信機をパソコンにセットするだけで、いつでも、どこででもインターネットに結び付けることが出来るということでしょう。
特定のスポットなどは必要ありません。
但し、通信会社の電波がとどく範囲内で・・・ということになりますが・・・。
確かに、いつでもどこでも・・・というのは非常に便利なのですが、その分、価格は高めです。
家でもインターネット回線を引いているのであれば、更に一本、別に退くようなものですからね。
公衆無線LANは、利用できる場所が限定されていますが、その分、利用料金は安価ですし、無料のところすらあります。
出張であちこち飛び回るかたは別としても、しょっちゅう立ち寄る先にあれば次いで良いとも言えますね。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - 無線LAN , , , ,