無線LANとは

      2016/09/28

16522885

無線LANという言葉は、これからずいぶんと昔から使われている言葉ですから、ほとんどのかたはご存じでしょうね。
とくに、そうしてインターネットをなさっているかたでしたら、知らないかたの方が少ないのではないでしょうか。
それ程、普及している無線LANですが、でも未だに、知らないかたはいらっしゃるでしょう。
無線LANを必要と終わるかたにとっては、分かる必要も薄い言葉ですからね。
現に、必要なかただけが知っていれば嬉しい言葉なのですが、言葉だけがあまりにも大きく知れ渡っているのに、今さらその意味がわからないとは言えない・・・そんなふうに悩んでいるかたもいらっしゃると思います。
こうしたかたのために、今回はご説明したいと思います。
無線LANと言いますのは、別名として「ワイヤレスLAN」とも言いますが、無線を利用してデータの送受信を立ち向かうLANシステムのことを言います。
が、このような説明は、たぶん「無線LAN」という文字を見ればだいたいの察しが付くのであって、引っかかるのは「LAN」のほうではないですか。
LANは、「Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)」の略語です。
ローカル・エリアというのは、例えば、ひとつの会社内ですとか、家庭内のようなちっちゃなエリアのことを指します。
その小ぢんまりしたエリアにおいて構築されているコンピューターのネットワークのことを指し示す。
二度と簡単に言いますと、家庭内に3つのパソコンがあるとして、それらを全て無線によって繋げ、どのパソコンの内容にもアクセス出来る状態にするということですね。
これけれどもう、みなさま無線LANがお伝わりいただけましたか。

公衆無線LANとは

無線LANが、どのようなものであるのか、前回の記事を読んで下さったかたは全員、お判りいただけたのではないでしょうか。
今さら、人に聴きづらいパソコン用語ですよね。
この無線LANに「公衆」という言葉が付き「公衆無線LAN」という言葉も、近年、出来あがりました。
無線LANが理解出来たあなたは、公衆無線LANがどのようなものであるのか、もう一度推測出来るようになったのではないでしょうか。
公衆ということは一般の人々誰もが使用できる、ということだから、誰でも使用できる無線LANということになります。
ですが、誰とでもパソコンのネットワークを繋ぐ、ということではありません。
この場合には、誰でも無線LANを使用してインターネットに結び付けることが出来ることを言います。
そうして、現在、この公衆無線LANが使用出来る場所というのが、どっさり増えています。
そんな場所の事を叫ぶ言葉も、たくさん出来あがってきました。
例えば、無線LANスポット、アクセスポイント、ホットスポット、フリースポットなどです。
このような表示のある場所それでは、持参のパソコンなどで、どなたでもインターネットに繋ぐことが出来るのです。
現在では、どのような場所に公衆無線LANが設置されているかと申しますと、空港や鉄道の駅、ファーストフードをはじめとした飲食店、ホテルなどですね。
海外でも勿論設置されていますから、海外旅行先でのインターネットも可能です。
海外の先進国では、日本よりもぐっと普及が進んでいて、住宅街や病院、大学などにも設置されています。

無線LANのセキュリティ

よく、「無線LANは恐ろしいから、セキュリティをしっかりしなくてはいけない」と言われますが、あなたも一度や二度くらいは聞いたことがありますでしょう。
確かに、無線での通信なのですから、見ず知らずの誰かに通信内容を傍受受ける危険性はかなりあります。
そのためにどうしてするかと申しますと、無線LANのアクセスポイントと、通信をする機器(パソコンなど)とのセキュリティ対策が必要となります。
例えばひとつの方法といたしまして、「ネットワークキー」と呼ばれているパスワードを用い、通信可能なコンピューターをそのネットワークキーを解るコンピューターのみに限定させるというやりかたがあります。
これですと、危険度はグンと減りますね。
他の方法では、通信を暗号化させるという方法もありますね。
そんな暗号化させるセキュリティ技術として、WEP、WPA、WPA2、IEEE 802.11iなどと呼ばれているものがあります。
これらの暗号化通信まずは、ネットワークキーによって通信機器を限定するという目的のほかに、通信内容を暗号化することで通信内容の傍受を防ぐという目的もあります。
機密のメールのやり取りによく暗号化が使用受けるという話を聞いたことがありませんか。
これは、無線LANでも取り扱うことができます。
以前は、暗号化してもその解読に非常に時間が陥るという難点もありましたが、現在では、解読の技術も進んできたため、時間もかからなくなってきたようです。
パソコン内には、個人情報などが保存されている場合が多いですから、セキュリティにはたっぷり、注意を払ったほうが良いと思います。

Wi-Fiについて

近ころ、非常によく耳にいたします「Wi-Fi(ワイファイ)」ですが、これにつきましては、以前にも軽々しく触れさせていただきました。
Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)により、無線LAN機器間における相互接続性を認証されたことを生み出す名称、あるいはブランド名のことでしたね。
正確に申しますと違うのですが、無線LANのことをWi-Fiと叫ぶ場合も何かとあるようです。
因みにワイファイ アライアンスと言いますのは、アメリカ合衆国に本拠を置く業界団体のことを言います。
本日は、このWi-Fiに関しましてもう少し、細かいご説明をしたいと思います。
前回、お話いたしました通信規格の「IEEE 802.11」ですが、これを利用した無線機器間の相互接続性などにつきまして、Wi-Fi Allianceによって認定された機器には、Wi-Fiのロゴの使用が許可なることになっています。
近年それでは、当初より予定されていましたモバイルコンピューティング機器(ノートパソコンやネットブックなど)のLAN(ローカルエリアネットワーク)だけではなく、PSPですとか、ニンテンドーDSなどといった携帯ゲーム機や、PASSAGE DUPLEなどのVoIP搭載携帯電話、デジタルカメラ、音楽プレーヤーなどの家電製品にも搭載されるようになりました。
グングン、安全性を向上させるための高度道路交通システムや、モバイル通信、統計情報の収集等をサポートするために、高速道路内において、自動車がWi-Fiを利用できるようにするための新たな標準規格を開発中だということです。
Wi-Fiの利用につきましては、「公衆無線LANとは」の記事でご紹介いたしましたように、空港や駅、ホテル、ファーストフード店などで可能となっています。
そうして、そういう場所の事を、無線LANスポット、ホットスポットなどと呼んでいます。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - 無線LAN , , , ,