WiMAX2+の簡単な歴史の解説

13947719

最近話題のWiMAX及びWiMAX2+について説明します。

いきなりちょっとばかり専門的なお話になりますが、UQ WiMAXは、IEEE802.16e方策のモバイルWiMAX技術を用いています。

それに、活躍している無線周波数は、2.5ギガヘルツ帯であり、最大で、下り40Mbps/上り10Mbpsのデータ通信速度を取り扱っています。

※最近ではWiMAXがWiMAX2+として進化し、最大で、下り220Mbps/上り10Mbpsになっています。体感ではそれほどわからないですが確実に技術は進歩し使いやすい無線高速通信になっています。

もとが、モバイルのデータ通信速度というのは、さほど早いものではありませんでした。

どこの勤務先も速やかのデータ通信繊細品を進歩してくれなかったからか、かなりけっこう長い期間にわたって、遅いデータ通信を連続して使用していたということになります。

試験割引がスタートされたのは、2009年2月26日のことであるとかですから、まだまだそこまで昔のことだったわけでははありません。

本当に、最近になってようやく速やかデータ通信の時代がやってきた・・・という感じなんですよね。

そのような試験サービスというのは、だいたい多くの場合首都圏から試してみる商品で、UQ WiMAXのケースもそうそうでした。

東京23区、横浜市、川崎市で開始されたのを皮切りに、首都圏周辺、名古屋市内、それから関西圏へとキャンペーン地域が拡大していったのです。

その結果、ついには正式キャンペーンとして全国での使用が始まりされました。

現在ではサービス地域を目一杯拡大して、人口カバー率93%を目指しているそうですよ。もう2015年なんで、もしかしたらもう達成しているかもしれません。

【参考】

このエントリーはぴィすまというサイトを参考にさせてもらってます。

このサイトではWiMAX2+を実際に使った感想なども書いてありますし、WiMAX及びWiMAX2+を使った通信費節約方法、WiMAXとWiMAX2+についての詳しい解説などから、格安SIM、スマホ機種情報など通信分野でWiMAX以外のことについても様々な情報を発信しているサイトです。日々参考にさせてもらってます。