iPhone(アイフォン)の電源バッテリー診断が、公式アプリから可能に4


ですので、診断の結果を見つけたい場合には、サポートオプションのディスプレイにある『今すぐ電話を設定する』という部分をタップする必要性が、あげられます。
しかし、これでお使いになってのiPhone(アイフォン)の電源バッテリーの劣化現象状態を知る事が、できますので、どの程度劣化現象が、悪くなっているのか、取り換えする必要性が、あるのかどうかが、分かるので、どうぞお試しください。

まとめ

以上が、アップルサポートアプリを使用しての、電源バッテリー診断方法でした。
アップルストアにて、電源バッテリーの取り換えを無償にて行なう際には、80%以下という要件が、あるために、非公式の診断アプリを使用するりして劣化現象状況の基準を識別するという方法が、たくさんいたかと思います。
もちろん、それまでもweb版のアップルサポートにて診断する事は、出来てした。
ですが、こちらのウェブサイトでは、シリアル番号を入力してたり、アフターサービスの方へと診断のお願いをしなければ、電源バッテリーの診断が、スタートされないという、少々手がかかる方法でした。
そんな意味から、皆さん非公式のアプリを利用していたのです。
ですが、このアプリの結論としてというのは、必ずしもアップルで行われている診断プログラムと同じ結果では、なく、むしろ異なる数値の場合が、おおいという傾向が、あるため、現段階では、鵜呑みに出来ないところです。
そんな中スタートした、アップルサポートアプリ内の、電源バッテリー診断。
このことは、上記のweb版での診断方法と比較して、気軽に診断が、トライする事が、やれる様になったという面で、利用者にとって嬉しいというポイントでもあります。
残念なが、ら、診断の結果が、提示されず、確認するには、電話という事ですが、電源バッテリー取り換えを考えている方にとって、こちらの方法は、おすすめできるでしょうか。