iPhone(アイフォン)の電源バッテリーを無償で取り換えする方法2


【条件2:電源バッテリーの蓄電容量が、80%以下であること】
保証期間内の確認が、できたら、次は、電源バッテリーの蓄電容量を確かめましょう。
チェックする方法は、訳ないです。
今は、iPhone(アイフォン)の電源バッテリーの蓄電容量を確かめる事のできるアプリが、何個も公開されているのです。
これらは、残念なが、らアップルが、公式となっているアプリでは、ありませんが、目安とする事が、可能だから、是非セットアップしてみて下さい。
ここでは、『Battery Care』というアプリを整理します。
このアプリは、インストールをして起動する事によって、あっと言う間に電源バッテリーの充電状況も知る事が、できますし、また劣化現象の状態も知る事が、できましたらいう、便利なアプリになります。
これらのアプリで、80%未満と表示されて、それが、ズレが、なければ、無償の対象になっていくのです。
(『Battery Care』の場合、容量という項目が、電源バッテリーの劣化現象の状態を知らせてくれる物になると考えられます。

アプリで、70%から60%なんていう風に、80%を遥かに満たさないようでしたら、劣化現象の具合は、かなり悪化していると考えて良いでしょう。
電源バッテリー取り換えを考えるレベルといえます。
アップル公式の電源バッテリー状況を確認できるアプリからすれば、こちらのアプリよりも手間が、少々かかりますが、正確な状況として知る事が、可能だと考えます。
それについては、別記事にてご案内していますので、ご覧ください。

取り換えの申し込み方法

上記の2つの適合していた場合、アップルの方では、無償にて、電源バッテリーの取り換えをして頂く事が、できます。
この取り換えについては、2つの方法が、ありますので、自分の合っている方法にて申し込んでください。