iPhone(アイフォン)の電源バッテリーを無償で取り換えする方法1


iPhone(アイフォン)の電源バッテリーは、充電すれば、するほど劣悪化現象やっていきます。
劣化現象していく事で、急に電源が、切れたり、一杯に充電したのに、掲示には、60%といった具合になったり、充電したば、かりなのに、ドンドンと容量が、減少していったり…このような症状は、この電源バッテリー自身が、低下現象している事で起こる原因です。
劣化現象した電源バッテリーの解決策は、取り換えを始めてすが、お持ちのiPhone(アイフォン)の条件によっては、アップルで無償にて取り換えして貰う事が、できるはずです。
ここでは、その行程の方法をお知らせしていきます。

無償取り換えの条件

まず、無償で取り換えできる条件が、2つあるということです。
以下の2つを見てみましょう。
【条件1:保証期間内である事】
まずは、ココです。
アップルでは、保証期間内でも期間が、経ってしまっても取り換えする事が、出来ます。
ですが、保証期間を超越してしまうと、取り換え料金が、掛かるのです。
ですので、まず保管しているiPhone(アイフォン)の保証期間を確認しましょう。
その手法が、以下の通りです。
(保証状況確認方法)
1.アップルのサポートWEBページを開く
2.iPhone(アイフォン)のシリアル番号を入力する
(シリアル番号の確認方法は、iPhone(アイフォン)の『設定』アプリを起動。
そして、『一般』を選択して、『情報』ををクリックすると、シリアル番号が、表示されています。
3.保証状況とサポート継続期間が、表示される
ここには、有効な購入日や電話アフターサービスの有無、そして補修修理サービス保証の有無が、表記されています。
この、補修修理サービス保証の項目が、有効になっている事をチェックしてみましょう。
(有効の場合は、緑色のチェックマークになっています。