iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換え方法2

   


注意点としてあげるのであれば、アップルでの電源バッテリー取り換えに関しては、データが、全て消除される可能性が、高いと考えられます。
この原因は、アップルでの電源バッテリー取り換えでは、初期化されて返却されてくるという事によります。
ですので、電話帳に入力してあるデータ、画像や動画のデータ、そしてゲームの履歴、LINEで行ってきたおしゃべり…といった、様々なデータが、空っぽになるという事になります。
事前にデータのバックアップ保存をとっておく事が、肝になります。

補修修理業者での取り換え

いまひとつの電源バッテリー取り換えの方法として取りあげられるのが、補修修理業者に頼んで取り換えしてもらう方法です。
この場合には、アップルでの取り換え方法とは、違い、業者は、基本的に電源バッテリーのみを取り換えします。
よって、iPhone(アイフォン)に集積されているデータは、初期化される事なく、ありのまま残っています。
このように、電源バッテリーを取り換えするといっても、ポイントが、違いますので、検討すると良いでしょう。

金額

【アップル】
アップルでは、保障期間内であれば、無償ですが、保証期間を過ぎていた場合には、補修修理サービスを受ける事になるので、料金が、プラスされてきます。
この保証期間を過ぎてのアップルでの電源バッテリー取り換えは、全部モデル一律で、2017年12月現在、8,800円(税抜き)が、発生します。
【アップル正規代理店】
その他のアップル正規代理店での、電源バッテリー取り換えは、お店次第で異なり、9000円台から10,000円以上掛かるお店もあり得ますから、確かめるのが、良いでしょう。
【補修修理業者】
補修修理業者は、アップルやアップル正規代理店と見比べて、低価格で取り換えできます。
価格帯については、4,000円や6,000円と各業者で、iPhone(アイフォン)のモデルによって価格が、異なってきます。

まとめ

このように、iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換えには、幾つか手法が、ありますので、どの方法で取り換えするのか検討する事をオススメします。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - iPhone電源バッテリーの取り換え , , , ,