iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換え方法2


注意点としてあげるのであれば、アップルでの電源バッテリー取り換えに関しては、データが、全て消除される可能性が、高いと考えられます。
この原因は、アップルでの電源バッテリー取り換えでは、初期化されて返却されてくるという事によります。
ですので、電話帳に入力してあるデータ、画像や動画のデータ、そしてゲームの履歴、LINEで行ってきたおしゃべり…といった、様々なデータが、空っぽになるという事になります。
事前にデータのバックアップ保存をとっておく事が、肝になります。

補修修理業者での取り換え

いまひとつの電源バッテリー取り換えの方法として取りあげられるのが、補修修理業者に頼んで取り換えしてもらう方法です。
この場合には、アップルでの取り換え方法とは、違い、業者は、基本的に電源バッテリーのみを取り換えします。
よって、iPhone(アイフォン)に集積されているデータは、初期化される事なく、ありのまま残っています。
このように、電源バッテリーを取り換えするといっても、ポイントが、違いますので、検討すると良いでしょう。

金額

【アップル】
アップルでは、保障期間内であれば、無償ですが、保証期間を過ぎていた場合には、補修修理サービスを受ける事になるので、料金が、プラスされてきます。
この保証期間を過ぎてのアップルでの電源バッテリー取り換えは、全部モデル一律で、2017年12月現在、8,800円(税抜き)が、発生します。
【アップル正規代理店】
その他のアップル正規代理店での、電源バッテリー取り換えは、お店次第で異なり、9000円台から10,000円以上掛かるお店もあり得ますから、確かめるのが、良いでしょう。
【補修修理業者】
補修修理業者は、アップルやアップル正規代理店と見比べて、低価格で取り換えできます。
価格帯については、4,000円や6,000円と各業者で、iPhone(アイフォン)のモデルによって価格が、異なってきます。

まとめ

このように、iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換えには、幾つか手法が、ありますので、どの方法で取り換えするのか検討する事をオススメします。