iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換え方法1

   


ここでは、iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換え方法をまとめます。
iPhone(アイフォン)は、充電を繰り返していくと、電源バッテリーが、劣化現象していくため、取り換えが、必要性になっていきます。
指標としては、だいたい500回の充電をリピートした場合に、電源バッテリーの容量が、80%へと減ると言われています。
『あれ?充電したのに減りが、早くなってきたなぁ…』
『電源が、いつの間にか切れて困る…』
というような悩みをお持ちの方は、この理由は、電源バッテリーの劣化現象による危険性が、あります。
上記の目安などを通して、劣化現象の可能性が、あったならばば、取り換えに出し、新規に電源バッテリーに変えましょう。

アップルでの取り換え方法

iPhone(アイフォン)の電源バッテリーを取り換えする方法には、大別すれば2通りあります。
その1つ目が、アップルでの取り換え方法です。
1.アップルストアを訪ね回る(直営店)
2.アップルに郵送で送る
3.カメラのキタムラやビックカメラなど、アップルの正規仲介業者へ行く
アップルでの取り換え方法と一口に言っても、このように幾つか方法が、あるのではないかと思います。
アップルの公式サイトには、電源バッテリー取り換えをする時点においては、アップルでおこなうか、それとも、正規のサービスプロバイダへと依頼するように記述があります。
元々、iPhone(アイフォン)には、1年間の製品保証が、あり、もしこの期間に電源バッテリーに対して何等かの不具合を感じた場合には、この保証内容にサービスが、含まれているため、アップルに持ち込めば、無償で取り換えくれるでしょう。
また、保証期間を過ぎている場合には、アップルの電源バッテリーサービスを利用する事が、できるので、まずは、お手持ちのiPhone(アイフォン)の保証期間を確かめる事が、大切です。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - iPhone電源バッテリーの取り換え , , , ,