iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換え方法1


ここでは、iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換え方法をまとめます。
iPhone(アイフォン)は、充電を繰り返していくと、電源バッテリーが、劣化現象していくため、取り換えが、必要性になっていきます。
指標としては、だいたい500回の充電をリピートした場合に、電源バッテリーの容量が、80%へと減ると言われています。
『あれ?充電したのに減りが、早くなってきたなぁ…』
『電源が、いつの間にか切れて困る…』
というような悩みをお持ちの方は、この理由は、電源バッテリーの劣化現象による危険性が、あります。
上記の目安などを通して、劣化現象の可能性が、あったならばば、取り換えに出し、新規に電源バッテリーに変えましょう。

アップルでの取り換え方法

iPhone(アイフォン)の電源バッテリーを取り換えする方法には、大別すれば2通りあります。
その1つ目が、アップルでの取り換え方法です。
1.アップルストアを訪ね回る(直営店)
2.アップルに郵送で送る
3.カメラのキタムラやビックカメラなど、アップルの正規仲介業者へ行く
アップルでの取り換え方法と一口に言っても、このように幾つか方法が、あるのではないかと思います。
アップルの公式サイトには、電源バッテリー取り換えをする時点においては、アップルでおこなうか、それとも、正規のサービスプロバイダへと依頼するように記述があります。
元々、iPhone(アイフォン)には、1年間の製品保証が、あり、もしこの期間に電源バッテリーに対して何等かの不具合を感じた場合には、この保証内容にサービスが、含まれているため、アップルに持ち込めば、無償で取り換えくれるでしょう。
また、保証期間を過ぎている場合には、アップルの電源バッテリーサービスを利用する事が、できるので、まずは、お手持ちのiPhone(アイフォン)の保証期間を確かめる事が、大切です。