iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換えの目安3


では、いか程繰り返すと、容量が、削減されていくのでしょうか。
これについては、アップルの方からこのような回答が、あります。
『iPhone(アイフォン)の場合は、充電のサイクルを500回絶え間なくいくと、電源バッテリーの容量が、全体の80%に減少していく。

この、充電のペースとは、”電池容量が、100%から0%になること”を1サイクルと考えて計算に入れた物をいいます。
ですので、もし毎日1回充電やっているという方は、1年4カ月、つまり16カ月で500サイクルになるという計算になりますね。
ここへ来てになると、電源バッテリーが、劣化現象してきて、iPhone(アイフォン)に先ほどアナウンスしたような症状が、現れてくるようになるのです。
そして、電源バッテリーは、一度劣化現象するとリカバリーされる事は、あり得ません。

劣化現象した電源バッテリーは、取り換えするのみ

では、どうすれば、電源バッテリーの劣化現象によって起こっていた不具合を解消されるのか。
それは、取り換えです。
電源バッテリーの取り換えという方法によって、解消できます。
では、この電源バッテリー取り換えは、どこで可能だからしょうか?
これには、2つの方法が、あります。
1つが、『アップルで取り換えしてもらう』方法。
そしてもう1つが、『補修修理業者にお願いして取り換えしてもらう』方法です。
具体的にどのように取り換え手続きをするのか、それについては、別記事、『iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換え方法』にてご紹介していますので、参考にしてみて下さい。
アップルと補修修理業者では、大きく違う点が、あります。
自分に合う取り換え方法が、どちらなのかを検討すると良いでしょう。