iPhone(アイフォン)の電源バッテリー取り換えの目安2

電源バッテリーが、劣化現象する事で起こる症状

それでは、電源バッテリーが、劣化現象する事で、起こってくるウィークポイントを幾つかまとめます。
・電源バッテリーの減りが、過去と比べると早くなってきた
・電源が、勝手に落ちてしまう
・電源バッテリーの残りの量を表示している目安が、おかしい
(これは、例えば、充電をしっかりと満タンにしたば、かりなのに、表示では、60%や40%といった、とんでもない表示になっている…みたいな物です。

このような症状が、見つけられた時には、iPhone(アイフォン)の電源バッテリーが、劣化現象しているスタンダードとして考えて間違いは、ないでしょう。

電源バッテリーの劣化現象を遅くする方法

では、電源バッテリーの劣化現象が、進捗しないようにするには、…と考えた場合、それは、iPhone(アイフォン)そのものの利用を控えているということでいく、充電は、ギリギリまで待って、あまりなくてなった時におこなう。
といった方法が、見られますが、利用を控えていく事は、誰もが、希求していませんし、またギリギリまで充電を待つその理由は、必ずしも無くなった時に、自宅にいてすぐに充電できるという訳では、ないため、持ち歩きできる充電器を所持していなければ、気になって仕方が、ありません。
これでは、せっかくiPhone(アイフォン)でエンジョイできる環境が、出来ているのに、プレッシャーが、溜まる一方です。

iPhone(アイフォン)の電源バッテリーは、リチウム電池

電源バッテリーは、使うたびに劣化現象していくとご説明しましたが、そこに加えて、iPhone(アイフォン)の電源バッテリーは、リチウム電池を取り込んでいるという事を解説しなければ、なりません。
このリチウム電池の特徴の1つが、充電を繰り返すごとに、溜められる電池容量が、少なくなっていくという特徴が、あるのです。