アップルストアでの電源バッテリー取り換え方法2

   

Genius Bar(ジーニアスバー)を利用する前におこなう事

予約が、取れたら、その日までに行わらければ、ならない事が、あります。
それは、データのバックアップ保存です。
電源バッテリーを取り換えする際には、iPhone(アイフォン)内にあるデータが、全て消し去られてクリアにされる事が、あげられます。
アップルストアのスタッフの方にも、データが、クリアにされている事が、ある旨を言われ、確かめられますので、必ずデータのバックアップ保存をとっておくようにしましょう。
ただし、全ての電源バッテリー取り換えにおいて、データが、クリアになる訳では、ありません。
データは、何もしないで取り換えが、できるということがほとんどです。
iPhone(アイフォン)5での電源バッテリー取り換えでは、初期化されたけれど、iPhone(アイフォン)6での取り換えの時は、データそのままだった…という場合も聞かれます。
ですが、これば、かりは、どうなるかは、iPhone(アイフォン)の状態によっても変わります。
当日になって慌てないよう、データのバックアップ保存は、事前にしておく事が、必要性です。

電源バッテリー取り換えまでの流れ

まずは、アップルストアに予約をした日時に遅くならないようにいって、Genius Barのカウンターに行きます。
店舗によって違いますが、Genius Barに向かう前に事前にスタッフが、出迎えてくれることが、あります。
そのような場合には、予約の時間とお名前を伝えると、待合スペースで待つようにスタッフから案内が、されて、順番が、くると、Genius Barのカウンターへと誘導してくれたりします。
分からない場合には、近くのスタッフに声を掛けると、案内してくれます。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - iPhone電源バッテリーの取り換え , , , ,