アップルストアでの電源バッテリー取り換え方法2

Genius Bar(ジーニアスバー)を利用する前におこなう事

予約が、取れたら、その日までに行わらければ、ならない事が、あります。
それは、データのバックアップ保存です。
電源バッテリーを取り換えする際には、iPhone(アイフォン)内にあるデータが、全て消し去られてクリアにされる事が、あげられます。
アップルストアのスタッフの方にも、データが、クリアにされている事が、ある旨を言われ、確かめられますので、必ずデータのバックアップ保存をとっておくようにしましょう。
ただし、全ての電源バッテリー取り換えにおいて、データが、クリアになる訳では、ありません。
データは、何もしないで取り換えが、できるということがほとんどです。
iPhone(アイフォン)5での電源バッテリー取り換えでは、初期化されたけれど、iPhone(アイフォン)6での取り換えの時は、データそのままだった…という場合も聞かれます。
ですが、これば、かりは、どうなるかは、iPhone(アイフォン)の状態によっても変わります。
当日になって慌てないよう、データのバックアップ保存は、事前にしておく事が、必要性です。

電源バッテリー取り換えまでの流れ

まずは、アップルストアに予約をした日時に遅くならないようにいって、Genius Barのカウンターに行きます。
店舗によって違いますが、Genius Barに向かう前に事前にスタッフが、出迎えてくれることが、あります。
そのような場合には、予約の時間とお名前を伝えると、待合スペースで待つようにスタッフから案内が、されて、順番が、くると、Genius Barのカウンターへと誘導してくれたりします。
分からない場合には、近くのスタッフに声を掛けると、案内してくれます。