iPhone(アイフォン)を電源バッテリー取り換えする前には、データのバックアップ保存を


iPhone(アイフォン)の電源バッテリーを取り換えする際には、事前にデータのバックアップ保存をしておく必要性が、あげられます。
これは、補修修理に差し出すと初期化されてしまい、データが、クリアになる可能性が、あるためです。
特にアップルストアや正規サービスブロバイダでは、初期化されるのパーセンテージが、高いので、必ずデータのバックアップ保存を取るようにしましょう。

データのバックアップ保存には、2つの方法が、ある

アップルが、奨めているデータのバックアップ保存方法は、2つあります。
1つは、iCloudにデータのバックアップ保存する方法。
もう1つは、iTunesにデータのバックアップ保存する方法です。
それぞれの特徴を総括ます。

iCloud

こちらにデータのバックアップ保存するには、Wi-Fiが、接続することが可能な状況であれば、コンピュータ端末を採用する事なく、ネット上にあるiCloudに保存収納する事が、実現可能ということです。
ですが、無償で保存収納できる容量に制限が、あります。
これよりいいデータを保存収納したいケースは、月額料金が、掛かります。
また、iTunesと比べた場合には、データのバックアップ保存が、完結するまで時間が、掛かるという面が、あるのです。

iTunes

iTunesは、iCloudとは、違ってコンピュータ端末が、必要性になります。
データのバックアップ保存の収納先が、ネット上では、なく、コンピュータ端末内になるためです。
付属のLightningケーブルを利用して接続し、データのバックアップ保存をスタートさせていきますので、iCloudよりも手間が掛かるが、制限容量は、コンピュータ端末の空き容量次第なので、大きなデータ容量であっても、月額料金が、掛かる事なくデータのバックアップ保存する事が、可能です。
また、データのバックアップ保存可能な項目が、iCloudと比較した場合に、iTunesの方が、よりたくさんの項目をデータのバックアップ保存できるという利点が、あります。

まとめ

このように、2つのデータのバックアップ保存の方法には、それぞれにメリット、デメリットが、ありますので、自分にあったデータのバックアップ保存をして、電源バッテリー取り換えに備えていきましょう。