4K対応モデルが充実のソニー

   


「はしゃぐ子供たちを映像で記したいけど、手ぶれが激しくて台無しになって仕舞う…」
「画質が悪くて顔がぼやけてしまっている…」
など、ビデオカメラでの撮影の際、これらという悩みを抱いたことがあるのではないでしょうか。
ほとんどほとんどの方が、手ぶれを経験したことがあると思います。
手ぶれ補正機能がついているビデオカメラが過半数を占めていますが、中にはなんにも効果を発揮しないものも紛れています。
ビデオカメラ1台は二度と安っぽいとは言えないため、やはり無駄な出費は避けたいですよね。
でも、機種がありすぎてどんなビデオカメラを選べばいいのかわからない…。
そういった方に今回お進めするのが「ソニー」のビデオカメラです。
ソニーは家電製品の大手メーカーで、CMでも頻繁に放送されているため、あなたも一度は見聞きしたことがある名前でしょう。
ソニーもいくつかビデオカメラを取り扱ってあり、「4K対応モデル」が充実しているのが特徴です。
4K対応モデルはビデオカメラの中けれども最も画質が良いため、子供を撮影目指すファミリーに打って付け。
ソニーなら最先端のテクノロジーを通じていることから、去年よりも再度進化した「超高画質4Kビデオカメラ」になっています。
縦ブレにも横ブレにも力強いので、決して撮影が得意でない方にも安心。
言わばプロが撮影したといった、美しい映像が撮れます。
ビデオカメラ選びに迷ったら、とにかくソニーの開発した商品を手に取ってみては?

今年のビデオカメラの特徴


「子供の成長は早いし、今のうちに家族の記録を残しておきたい…」
「せっかくだから、写真よりも動画に収めたい…」
など、思い出をビデオカメラに記したい人はとても多いのではないでしょうか。
今この一瞬というのは、再び2度と巻き引き戻すことができません。
写真も残しておくことはできますが、言葉や表情の移り変わりはわかりませんよね。
その点、動画はとても優れていると言えます。
但し、いざビデオカメラを買おうと思っても、どんな機種のものにおいて良いのか迷うことでしょう。
どれが一番優れているのか、いかなる機能がついているかなど、初心者にはチンプンカンプンです。
ですが、本当はビデオカメラの選び方というのは、ポイントを押さえればあまり簡単。
そこで、押さえておきたいポイントの一つである、今年のビデオカメラの特徴について説明していきましょう。
ビデオカメラは毎年改良されて発売されてあり、去年のものと比べて変わっている場合がほとんどです。
今年は例年よりも変化が小さく、去年と概して変わりありません。
基本的にどの製造会社のビデオカメラにも、
「10倍以上の光学ズーム」
「フルハイビジョン」
「16GB以上の内蔵メモリ搭載+SDカード」
という特徴があります。
そのため、選ぶ際はこれら以外の部分で見極めなければなりません。
使い勝手や画質などはそれぞれ大きく異なるので、特徴がおんなじだからといって適当に選ぶのはやめましょう。
できるだけバッチリ吟味して、自分に当てはまるビデオカメラを購入してくださいね。

4K対応モデルの難点


あなたはビデオを撮る際、どういう点を重視しますか?写真には弱い音声でしょうか、それともクリアな画質でしょうか。
人それぞれこだわりは違うものの、やっぱり大多数は「画質」を一番の選ぶ基準にするかと思います。
どんなにおもしろい思い出も、画質が悪くてボヤけていては意味がありませんからね。
画質に特化したビデオカメラといえば、取り敢えず「4K対応モデル」でしょう。
昨年からずっと真新しい4K対応モデルの機種が登場してあり、1000万画素対応していることが特徴の一つ。
但し、画質ばかりにこだわった選び方それでは、後々後悔してしまう。
それは何故かというと、4K対応モデルにはいくつかの難点も兼ね備えているからなのです。
一つ目は、見る際に4Kテレビが必要になること。
4K対応モデルで撮った動画は画質が良いことが魅力ですが、それは4Kテレビがあればの話。
これが無いと、せっかくの綺麗な動画も画質が悪くなってしまいます。
二つ目は、重量が重たいこと。
大体のビデオカメラは300gほどですが、4K対応モデルのビデオカメラは、誠に500g。
片手で長時間持ち歩くのはちょっぴり大変そうな重さと言えます。
ひいてはズーム倍率が低のも特徴の一つです。
三つ目は、やっぱサイズが広いこと。
一つの動画でかなりの容量を使用するため、たくさんのSDカードが必要になります。
いくつも動画を撮ろうとすると、思った以上の出費になる可能性も。
ビデオカメラを選ぶ際は、画質の良さだけにとらわれず、総合的に評価して選ぶようにください。

4K対応とハイビジョン対応はどっちが良い?


「やっと動画を撮るのならば、断然画質が綺麗な方が良い」こう想う方はとても多いと思います。
美しい思い出は、美しい画質で残しておきたいもの。
ブレブレで荒い画質だと、ようやっとうれしい思い出も残念なものになってしまいます。
そのため、ビデオカメラを選ぶのなら画質に特化した機種がお奨め。
近年は「4K対応モデル」と「ハイビジョン対応機種」の二種類が登場していますが、果たしてどちらの方が優れているのでしょう。
初心者からすればどうもとも変わりないように思えますが、そんなにそうではありません。
勿論それぞれことなる部分があります。
結論から言って、お奨めは「ハイビジョン対応機種」です。
その理由は、使い勝手が圧倒的に違います。
たとえば、4K対応モデルは専用のテレビが無いと、画質がひどく映ってしまいます。
4Kのテレビを携帯している方とすれば問題ありませんが、わざわざこのためだけに購入するのも大変でしょう。
また、重量が500gほどと鬱陶しいのも理由の一つ。
ハイビジョン対応機種だと300gなので、約200gという差があります。
どうしても覆りなさそうですが、長時間使用するとなると、やっぱり軽々しい方がお奨め。
ひいてはSDカードのサイズも幅広いため、直ちに容量がいっぱいになってしまいます。
いくつもSDカードが必要となってしまうので、おんなじ画質でコンパクトに収められるハイビジョン対応機種の方が優れているのです。
画質に特化したビデオカメラを購入する際は、とにかくハイビジョン対応機種を選んでくださいね。

理想の重量


「ビデオカメラで自分の子供の姿を収めようと思ったのに、手振れが酷くて綺麗に映らなかった…」
「長時間使っていると、重さで必ずしも手首が疲れて仕舞う…」
など、ビデオカメラで頭を悩ませている方は大して多いのではないでしょうか。
ビデオカメラは日々進化していますが、完全ものは一つも存在しません。
必ずどこかしらに不満を感じるものです。
どれだけ性能が良い商品でも、デメリットはあります。
そのうちの一つが「重量」です。
重量はよく重視されない点なのですが、使いやすさに大きく関わって現れるポイントになります。
たとえば、機能にはなんの不満も弱いビデオカメラも、重量があってくたびれるものだったらダメですよね。
長時間の使用は向きません。
逆に、軽すぎても問題になります。
どうにも固定することが出来ないため、かなり高機能な手振れ補正が備わっていない限り、ほぼ確実に手振れを起こしてしまいます。
このように、ビデオカメラの使い心地は重量によってなるのです。
お奨めの重さとしては、「350g」。
一概にバッテリー込みでその重さになるようにしましょう。
重量はどのビデオカメラにも必ず記載されているので、確認を忘れずに行ってください。
350gは缶ジュース一本ほどなので、どれくらいの重さなのかあらかじめ調べるのも良いでしょう。
機能だけにとらわれず、とにかく重量のことも視野に取り入れるのが、失敗しないビデオカメラの選び方ですよ。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - ビデオカメラ 選び方 , , , ,