マイクロソフトとエクセル

20787879エクセルがマイクロソフトから販売され始めたのはとっても前になります。
依然ウィンドウズがなくMS-DOSの全盛の時代です。
その当時はLotusの1-2-3が表計算ソフトとしてメジャーなものでした。
そうしたら、ウィンドウズの販売とともにエクセルが売り上げを引き伸ばすようになったのです。
現在のウィンドウズにはマイクロソフトオフィスがインストールされているケースが多いようです。
マイクロソフトではオフィスソフトを重要な商品としているはずです。
エクセルはそのかなめと言ってもいいでしょう。
エクセルは初心者けれども使用することができます。
マクロもプログラムも作成可能です。
つまり、使用者のレベルに合わせて使う機能を選択すればいいのです。
一般に使用している人の大半はプログラムを組むことはできません。
でもエクセルを使うことはできるのです。
表計算ソフトで合計を計算させることは簡単です。
その程度の知識も作成できる表は無限にあるのです。
マイクロソフトはエクセルを含むオフィスソフトをどのように販売して行くのでしょうか。
オフィスのインターフェースは統一されてあり、使用者が戸惑わないような配慮があります。
勿論、バージョンが変わった時折多少の戸惑いはあります。
エクセルによるシーンは各種ところで出てきます。
これからもそれは貫くでしょう。
パソコンの機能がどのように向上しても、人間が仕掛ける資料は貫くのです。
家計簿や名簿、売上表などはひっくり返りようがないのです。
必要な情報は表の中にあるのです。

エクセルの機能

表計算ソフトで一番人気のエクセルの機能を紹介ください。
エクセルはポピュラーなものだから、必要な情報は書籍やインターネットで入手することができます。
ともかく、初心者が扱う機能としては計算式があります。
これは縦横の合計を醸し出したり、差を表示させたりするものです。
計算式に関数を組み合わせると、再び複雑なことが出来るようになります。
これだけでもあなたは初心者を卒業しているのかもしれません。
つまり、計算式などを使わなくても表はできますし、でも十分なケースが多いのです。
たとえば、日取り、会員名簿などです。
日取りでは日付を1日おきに入力します。
この時々データフィル機能を使いましょう。
自動的に数字を1足しながらセルに入力してくれるのです。
エクセルの機能の大半は人手による入力を除くためのものです。
便利な機能がたくさんありますから、それを知っておいて損はないのです。
当然、すべてのことを覚えるのはプラクティカルではありません。
自分がよく扱うものだけでいいのです。
単に毎日入力するような表があれば、それの簡略化を考えてみましょう。
昨日と同じ入力をする部分があれば、それはなんらかの機能を使うことで省略出来るケースが大半なのです。
どのような機能を使えばいいのかわからない時折口コミサイトなどで問い合わせをしてみるとどうでしょうか。
もちろん、知人に詳しい人がいれば、その人に訊くのが一番です。
エクセルにおいて色々なことができます。
それでこそパソコンを使いこなしていると言えるのです。
あなたは使いこなしていますか?

エクセルとウィンドウズ

ウィンドウズが販売される前から表計算ソフトのエクセルはありました。
マイクロソフトが販売しているものです。
当時の人気はそれほどではありませんでしたが、GUIが一般的にのぼるによってエクセルの人気は高まってきたのです。
ウィンドウズのGUIはエクセルをベースに作られたと言われています。
そうして、現代のエクセルはオフィスソフトとして多くの人が使用しています。
一般向けに販売されているパソコンでエクセルがインストールされていないパソコンはないと言ってもいいでしょう。
ウィンドウズが多機能になるによって、エクセルを含むオフィスソフトも機能アップを通してきました。
もはやウィンドウズとエクセルは切っても切り離せない関係になったと言えるのです。
私たちの生活の中で情報を表形式で映し出すことが多いことを知っていましたか。
文章で書くとわからないことけれども表としてみると非常にわかりやすいのです。
何より会社のリポートなどはその最たるものです。
数字の変化が一目でわかるのです。
必要ならばグラフにすることもいいでしょう。
ウィンドウズのGUIが進化しましたから、画面ときの表現力が高くなりました。
それに従ってエクセルのグラフや表での表現にバリエーションを取り入れることが出来るようになってきたのです。
エクセルを作成しているのも、ウィンドウズを作成しているのもマイクロソフトですから、その機能が調和していることは当たり前です。
エクセルを活かすことで会社マンとして一人前の仕事が出来ると言われているそうです。