エクセルのマクロ

      2017/01/15

17935558エクセルのマクロ機能について紹介ください。
マクロとは一連のキー操作やマウス操作をひとつのキー操作で望めるようにする機能です。
一連の操作の内容はユーザーが自由に決めていいのです。
毎回おんなじ操作をすることがあるのであれば、それをマクロ化することによって誰でもが簡単に複雑な仕事をすることが出来るのです。
その一連の操作の内容を覚えておく必要もないのです。
これはとても便利な機能です。
複数の人がおんなじ作業をするような場合には、マクロを統一することでおんなじ品質の作業とすることが出来るのです。
エクセルのマクロ機能は強力です。
マクロの記録開始を押すと、記録が始まります。
そうして、記録終了を圧すまでは記録が貫くのです。
VBのプログラムを習得している人であれば、そのマクロを編集することができます。
マクロの実態はVBのプログラムだからです。
無論、最初からVBでプログラムすることもいいでしょう。
いずれにしても、操作を簡略化するということは非常に大事なことです。
それによって間違いを燃やすことが出来るからです。
表計算という分野ですから、オートマチックすることの出来ることはたくさんあります。
毎月の処理や年毎の処理、項目ごとの処理など同じ内容が貫くのです。
マイクロソフトが作ったエクセルは、このマクロ機能によって人気があると言ってもいいのではないでしょうか。
まさにマクロを作っている人は低いかもしれませんが、その恩恵を通している人はたくさんいるはずです。
中にはマクロと知らずに使用している人もいるでしょう。

エクセルのWebサイト

インターネットが普及するようになってから、さまざまな情報がインターネットを通して入手出来るようになりました。
エクセルの操作に関することもインターネットで入手できます。
エクセルに関するwebサイトもたくさんあるのです。
初心者向けの入門編では、キー操作のヒントや小さな技が掲載されています。
単純なことだが、それを知っている人と知らない人では差が出てしまうのです。
自分のスキルを高めたいのであれば、こうしたサイトから学ぶことも大切です。
そしたら、ちょっとレベルが上がったマクロ入門もあります。
エクセルのマクロは高機能だから、マクロを覚えるとジャンジャン使ってみたくなりますね。
マクロを使うことで便利になったり、作業が簡単になったりします。
その恩恵は大きなものがありますね。
マイクロソフトの公式webサイトもいいのですが、個人的に作成されたサイトもかなり多くあります。
エクセルにおいている人が多いということを示しているのでしょう。
便利な機能は使った方がいいのです。
知らなくても作業はできますが、よけいな時間がかかりますし、ミスも増えてくる。
webサイトから入手した情報を自分のものとするために、まさに操作を通じて見ることが大事です。
知識として持っているだけでは、役に立ちません。
それを使ってこそ意味があるのです。
知っていても使わない機能は不要な機能と考えてもいいでしょう。
エクセルは大きい分野で使用することを想定していますから、その一部を知っておくだけで十分な作業がほとんどだからです。

エクセルの歴史

現代はパソコンの時代と言ってもいいでしょう。
そのパソコンで使用陥るマイクロソフトの表計算ソフトであるエクセルの紹介をください。
パソコンを使用している人であれば、エクセルと聞いて直ちに知るのではないでしょうか。
それほどにエクセルは一大ソフトです。
このエクセルはマイクロソフトの歴史の中それでも初期のころから販売されているものです。
その歴史はウィンドウズよりも古臭いのです。
最初はMS-DOS用の表計算ソフトとして誕生しました。
当時はLotus社の1-2-3と競合していました。
使用感は1-2-3の方が優れてあり、エクセルは収益について広く差をつけられていたのです。
未だに、当時のパソコンはDOSベースであり、CPUの処理速度も十分ではありませんでしたから、そのようの時代にGUIによる操作を前面に出していましたから、ユーザーにとっては違和感のでかいものだったと考えられます。
そうしたら、ウィンドウズの時代に入って、ついにエクセルの人気が顕れるようになりました。
ウィンドウズのインターフェースはエクセルのものをベースに作られたと言われています。
GUIの操作方法についてエクセルは斬新であったということでしょう。
CPUの処理速度が向上し、GUIがスムーズに働くようになってからはエクセルの独壇場となりました。
1-2-3は徐々に淘汰されていったのです。
現在ではほとんどのパソコンにエクセルを含むマイクロソフトオフィスがインストールされています。
エクセルを助かることが当たり前の時代となったのです。
エクセルを使用することによって、複雑な計算や処理の簡略化が可能です。
ただし、そんな機能としている人はわずかであると考えられます。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - エクセル , , , ,