世界の中のエクセル

      2017/01/14

17175087パソコンの世界にはたくさんのソフトウェアがあります。
人気の高かったものが衰退して、別のソフトにとって代わられるということも頻繁に起きていることです。
表計算ソフトのエクセルもそういった歴史があります。
パソコン初期のころはLotusの1-2-3が表計算ソフトとして、トップでした。
エクセルはさほど人気がなかったようです。
当時はパソコンも表計算ソフトもごく一部の自分のものでした。
現代のように、パソコンがなければ仕事にならないという時代ではなかったのです。
そうしたら時代はウィンドウズとして、GUIが一般的になりました。
そのころからエクセルは人気を集めだして、1-2-3を追い抜いたのです。
現代ではエクセルのみが表計算ソフトと言ってもいいでしょう。
表計算ソフトとして使用している人は早く、文書全体を作成するためにエクセルを使用している人も多いと言われています。
エクセルが多機能化してきたために、各種使い方が可能になったのです。
人はそれぞれ自分の使い方でエクセルにおいていることでしょう。
日本で扱う場合は外国と特別に異なっているわけではありません。
エクセルには多国語対応がなされているからです。
日本語特有の表現も可能です。
勿論、数字が入力された表であればどんな言語もおんなじことになります。
日本のオフィスに導入されているパソコンでエクセルが入っていないパソコンを探しあてることは困難なことかもしれません。
それほどにエクセルの普及率は良いと言えるでしょう。
多くの人がエクセルにおいて仕事を通しているのです。

エクセルと日本語

エクセルを日本で取り扱うときの便利な機能について紹介ください。
皆さんは日本語を入力するたまになぜいますか。
漢字変換機能をオンにすることによって、日本語入力が可能となります。
但し、エクセルの場合は半角数字を入力する場合も多いでしょう。
たとえばアドレスを作成することを考えましょう。
郵便番号、電話番号は半角数字です。
ただし、氏名や住所は全角で入力しなければなりません。
独力の人を入力するのに、漢字変換を何度もオンオフしなければならないのです。
面倒だとは思いませんか。
そうです。
それが面倒であれば、それをラクラクする機能がエクセルには備わっているのです。
指定された列に入力するなかには自動的に漢字入力に切り替わったり、半角英数入力に切り替わったりできるのです。
この機能を知っている人と知らない人では、入力のスピードが変わってきます。
漢字を入力しているつもりが、うっかりして半角で入力していたという間違いはよく見るものです。
このような単純ミスは出来るだけ機械に補正させるべきなのです。
具体的な方法です。
一つの列を選び、データの入力規則を選びます。
その中に日本語入力というタブがあり、最初はコントロール無しと表記されているはずです。
これを英語モードやひらがなに設定してやればいいのです。
その列から移動すると、元のモードに切り替わって頂ける。
半角数字を入力する列では、英語モードに設定しておきます。
そうして、日本語入力をする列ではひらがなを設定しておけばいいのです。
単純なことなのですが、これが大きな差となっていくのです。

エクセルの購入

ソフトを購入するときにいかなる視点で判断しているでしょうか。
マイクロソフトのエクセルは単体も販売されていますが、オフィスとして販売されている方が多いと考えられます。
当然単体でもいいのですが、文書を作成しながらの作業を想定するのであれば、ワードが一緒になったオフィスが価格的にはお得になります。
もちろん、おそらくのパソコンでは導入場合いまやオフィスがインストールされているケースがほとんどです。
エクセルのバージョンによって、各種機能があります。
初々しいバージョンの方が多機能になっていることは間違いありません。
エクセル単体の価格はおおよそ100002千円前後です。
企業で使用する場合にはさほど厳しい買いものではありません。
私たちが作成する文章で数字が関わるものの大半は表で表すことが出来るものです。
エクセルが得意とするところです。
表の部分をエクセルで作成して、その前後の文章をワードで作成するというパターンが自然でしょう。
オフィスソフトはそのような使い方を想定していると言えるでしょう。
エクセルを使用する人のターゲットは広いと考えられます。
つまり、初心者けれどもエクセルは使えますし、上級者はプログラムにおいてエクセルを操作するのです。
それぞれのレベルに合わせた機能を使います。
レベルに対応できる機能を携帯しているということです。
実際の使用においてはすべての機能を使うことは稀です。
たくさんの機能の必要なところだけを使用すればいいのです。
それが素晴らしい使い方と言ってもいいのではないでしょうか。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - エクセル , , , ,