グラフィックデザインはやり甲斐が有ります

      2017/01/01

12031129デザイナーという仕事の1つに、グラフィックデザインを手がけるグラフィックデザイナーという仕事が有ります。
デザイナーと名前が付いているだけあって、アーティスティック、センスが仰る仕事だと思います。
自分は芸術もスキだし、センスもある方だと想うからグラフィックデザインをやってみたいと思っても、まさに仕事となると話は別です。
一から教えてくれる職場はそうそう無いと思われます。
就職しやすい人と言うと、グラフィックデザインの専門学校を出た人だと思います。
基礎知識やちょっとした技術がある分、即戦力になりやすいですよね。
また、美術系の大学に行った方それでも即戦力にはならなくてもデザインをさっと習っていた分、何にも知らない方どんどん習得し易いと思います。
実際の作業としては紙に書くと言うよりは、マッキントッシュやWindowsにインストールされたグラフィックデザインのソフトを通じて受け取るのが大部分でしょう。
有名なソフトで考えると、イラストレーターとかフォトショップ等が挙げられます。
こんなソフトを通じてチラシやポスター等を作成していきますが、先ずはこのソフトを使いこなせなければなりませんので、勉強はしておかなければならないでしょう。
そういった仕事は大きな会社なら良いですが、狭苦しい会社なら自分で仕事を取ってくるアピール力、セールス力も必要になります。
技術やセンスだけじゃなくそういったコミュニケーション能力も必要になりますので、意外にやり甲斐があり、おもしろい仕事ではないかと思いますよ。

グラフィックデザインの需要はどうなっていくのでしょうか

今日、流行が変わるのは手っ取り早いですよね。
また、色んな便利なものが次々と出て来ていて、生活も便利になってきました。
そうなると今まで当たり前の様に使われていたものが、いつしか消えていたなんて事もたくさん起こってきている現状に有ります。
たとえばインターネットが普及してきた事により新聞や雑誌に掲載されていた広告が少なくなって来た様にも感じます。
また、iPod等が普及してきてCDを貰う時代から借り受ける時代へと変化させてきている様にも感じます。
もちろん仕事の在り方も何かとなると思います。
需要の向き場所がドンドンと変わってきているのです。
ではグラフィックデザインはどうでしょうか。
この仕事は需要はそんなに変わらないのではないでしょうか。
たとえばチラシやポスター等の需要は減らないと思います。
雑誌や新聞の広告を始め、コンサートや演劇等のポスター、企業のチラシ等、ちょい紙に拘る媒体もたくさん有ります。
却ってずっと発表される新商品のパッケージデザイン等もグラフィックデザインの仕事ですので需要は収まるどころか増えていっているのではないかと感じます。
別途紙だけではなくてWeb上でもグラフィックデザインを表示させる仕事はたくさん有ります。
時流に上手にのぼりながらも、グラフィックデザインはそれにうまく順応し、最先端をずっといっている仕事だから著しい仕事だと思います。
紙からインターネットへ。
こうした変化についていける。
だからこそグラフィックデザインの需要は減らないのだと思うのです。

グラフィックデザインは常に最先端かもしれません

具体的にグラフィックデザインって何ですか。
と言われると正しく答えられる人は少ないのではないでしょうか。
グラフィックデザインとは、平面状のものに(紙・画面)文字や写真、図等をデザインを考えて配し、そこにメッセージ性を入れてデザインするというものだそうです。
たとえば商品ポスターや演劇のポスター、スーパーや家電量販店のチラシ等ですね。
紙から印刷からWebへと媒体は変化しつつも、人にカワイイ情報を提供してくれるグラフィックデザインは時代の最先端をいっているのではないでしょうか。
たとえば演劇のポスターやパンフレットを作ったとします。
一色で作っていたりインパクトが有ったり、時代毎に変わっていたり、やけに個性的なものが多いです。
後、有名なものからにはCDジャケットなんかが有りますよね。
大体は歌っている人の写真をメインにしている物が多いと思いますが、グラフィックデザインにおいて人の写真じゃなくて文字や絵において手掛けている物も有ります。
そういったものを作って赴き、人々の目に印象貼る様なデザインが作れると言うのは素晴らしいし、ずっと時代の最先端をいっていなければ作れないものけれども有ると思います。
他にもなんだかんだ最先端で作っていただけるグラフィックデザインは在ると思いますが、何かとグラフィックデザインを見てみると単なる文字がアートと化しているのは面白いものだと思います。
最初は地道に地味な仕事から始めて赴き、少しずつスキルアップして最先端の仕事が出来る様にがんばりましょう。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - グラフィックデザイン , , , ,