グラフィックデザインの仕事【正確に描く】

      2016/12/29

どの仕事に関してもそうですが、グラフィックデザインの仕事の基本は何と言っても「ミスをしない事」「正確に仕事をする事」これが全然大切だと思います。
グラフィックデザインと言うと、自分の感性とか才能とか表現力とか何やかや出そうと思いますが、グラフィックデザインは飽くまで仕事です。
そう言う事をいう前に先ずはミスをせず、正確にという事が基本になると思います。
たとえばある家電量販店のセールのチラシを作るとします。
客人の要望は炊飯器の特売を大々的に売りこみたいというものだとします。
それでもこっちの方がカッコいいからとテレビやパソコンの画像を大々的に載せてしまった場合、客人の要望を満たしておらず、仕事としては正確とは言えない事になります。
端の方に炊飯器を仮に載せていたとしてもお客の意図を理解していないという事でミスという事に繋がるのです。
ますます仕事としてとっても要には締めきりを続けるという事が挙げられます。
今の例で言うと、お店側は品ものも揃えてお客が来るのを待っている状態、けれどもチラシが間に合わないからにはどうでしょう。
それを目当てにお客が来る事もないですので、やはり売り上げが上がらない事になります。
すると責任問題になってしまいますよね。
グラフィックデザインの仕事は、お客の要望を正確に取り入れてミスをせずに、締めきりをきちっと守って出向く事が基本となります。
そんなふうにする事でじわじわプロ意識も目覚めてきて、色んな仕事もできる様になってくるのではないでしょうか。

グラフィックデザインの学校について

何よりグラフィックデザイナーになる為にはとりわけ資格を取る必要が有りません。
全ては実力次第という大きい世界だという事です。
学校に通う等しなくても実力さえ認められればグラフィックデザインの世界で活躍していく事も当然可能なのです。
とはいうものの、グラフィックデザインの世界ってほとんど緩いものそれでは有りません。
グラフィックデザインをする為にはそれなりに知識や技術も持ち歩いておく必要もあるのです。
たとえば印刷の知識や技術、写真の知識や技術、マーケティングに関する事、グラフィックデザインに関する事、一般常識等、色々学ぶ事はたくさんあるのです。
その為の一番の近道として考えられるのが何だかグラフィックデザインを教えてくれる学校に入る事ではないかと思います。
専門学校で1~2年勉強して多々覚え、卒業したらグラフィックデザインの仕事を通じている会社でアシスタントとしてスタートしながら技術を学んで行くと言うのが一番良いコースではないかと思うのです。
グラフィックデザインの学校では、デザインに関する事、デッサン、表現技法、色彩、構成等基礎的な事を学ぶ他、イラスト、コピー、印刷、写真、レタリングっていう実習を踏まえた専門的な事も一緒に学んでいきます。
地方にも学校は有りますが、大規模な学校となると案の定大都市を中心として有る所が多い様です。
この様に、在る程度知識をつける事で実務でも覚え易いと思いますので、グラフィックデザイナーになりたいのであれば、学校に通う事も視野に入れて考えてみましょう。

グラフィックデザイナーとして独立する方法

仕事には会社に所属してその中で仕事していく方法、独立してフリーとしてはたらく方法と大きく分けるとこの2つが挙げられます。
グラフィックデザインの仕事に関してもおんなじ事が言えます。
会社に所属する方法で、デザイン事務所や広告ブローカー、出版会社、インテリア会社、建築会社等に配置されているクリエイティブ部門等に所属するとグラフィックデザインの仕事に関わる事が出来ます。
勿論、最初から最先端の仕事が出来る訳ではありません。
アシスタント的仕事、要するに雑用から始めて赴き、先輩方の仕事を見ながら仕事に慣れて覚えていくという方法をとっていきます。
こうして出向く事でじりじりグラフィックデザイナーとしての仕事が出来る様になっていくのです。
これ意外には独立してフリーとしてはたらく方法ですが、自分でデザイン事務所を立ち上げてグラフィックデザイナーとしての仕事を通じていくのです。
とはいうものの、独立して成功まで行く為には最低でも5年はかかると言われていて、一人前になる為には余計経験が必要だとも言われています。
では独立してもやっていけるだけの需要は有るのかという事が不安材料だと思います。
グラフィックデザイナーの仕事は今後、需要の減りは無いと見られています。
私達の身の回りを見てみると、広告や看板等、デザインが溢れていますよね。
これからもそのスタイルは貫くと言われていて、そう言った意味だと将来性がある職種という事になります。
才能やセンスが仰る仕事だけに独立は酷いと思いますが、ぜひチャレンジしてみるのも良いと思いますよ。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - グラフィックデザイン , , , ,