グラフィックデザインと芸術は違うのでしょうか

      2016/12/28

何かものを編み出す人って作家と言われますよね。
ではグラフィックデザインは芸術と言えるのでしょうか。
グラフィックデザインの事についてよく知らない人から言わせてみると、グラフィックデザインと芸術はおんなじじゃないかと思うと思います。
ただし、まさに携わっている人達から見てみると全然違うそうなのです。
作家と言うと、自分のスキな事をスキな感性で、スキな世界観でものを作り出して描いて行く人達の事を指しています。
それをお客に提供して気に入ったら購入して貰えるというスタンスでしょうか。
対してグラフィックデザイナーの仕事それではグラフィックデザインを自分の完全にスキな様には仕掛ける事が出来ない仕事なのです。
お客の要望が有って、それに対してデザインを考えていくという仕事スタイルがグラフィックデザイナーのお仕事です。
これはいわゆる商業デザインというものになります。
もしもグラフィックデザイナーの人が、お客の要望に反して作家の様に完全スキにグラフィックデザインを作ったとした場合、お客の要望に沿っている訳ではないので、必ずクレームに発展してお客を逃がしてしまう事でしょう。
たとえば、子供向けに作ってほしいお客に対して、グラフィックデザイナーの人が「これは大人っぽいのが良いでしょう」と勝手に大人っぽくグラフィックデザインを作ってしまったら意味が無いですよね。
そういった違いが作家とグラフィックデザイナーには在るという事になるのです。

グラフィックデザインを作るにあたって大切な事

グラフィックデザインを手がけている人達にとって、心構えとして大切な事と言ったら何でしょうか。
ここで挙げてみたいと思いますので、グラフィックデザイナーを目指している人はぜひ参考にしてみて下さいね。
やっぱり「プロ意識」を持つ事、「努力」を積み重ねる事、「グラフィックデザインの仕事」を愛する事が大切ではないでしょうか。
スキなだけでは積み重ねる事が出来ないのがグラフィックデザインの仕事です。
そういった事を心構えとして携帯しているととっても違うと思いますよ。
次に、「コミュニケーション能力」「練り上げる力」「創造力」はとても大切だと思います。
人物が有って、依頼してくれてグラフィックデザインの仕事は成り立ちます。
コミュニケーション能力が無いと、人物がどんな事を表現してほしいとしているのか思い付か事になります。
人物の要望を上手に聞きだして、かつ自分のイマジネーションを組み合わせていく事によってグラフィックデザインの仕事ができ挙がるという事になります。
後は、グラフィックデザインは仕事です。
納期は守らなければなりません。
グラフィックデザインは創造だからと言って、「出来ない」「しばし待って」は通用しません。
だからと言って仕事漬けになってしまっても、色んな創造力は働かなくなります。
適度に遊び、色んな経験を通して、感性を磨く事も仕事の内になると思います。
そういった事を踏まえていってぜひ、グラフィックデザイナーの仕事に就いてみて下さいね。

グラフィックデザインの仕事【チラシ作製】

なんとなくグラフィックデザインの仕事となるとスタイリッシュ仕事だなという感じがしますが、じつはチラシ作製が仕事の中心の所が多い様です。
グラフィックデザインという言葉が独り歩きしている様な感じですが、業界的にはグラフィックデザインとは「印刷もの」という意味合いを示しているのが殆どだそうです。
一言で印刷ものと言っても本当に範囲が広くて、雑誌や出版業界で受け取れるデザインを「エディトリアルデザイン」という編集の意味の言葉を活かし、ポスターやパンフレット等、販促的業界で受け取れるデザインを「アドバタイズデザイン」という広告の意味の言葉を使っています。
チラシは「端もの」と昔から言われていて、最近では幾らかオシャレに「フライヤー」という言われ方もしているそうです。
グラフィックデザイナーという仕事に就いている人の中で、一番多い仕事であろう仕事がこの「端もの」というチラシ作製のデザインだと思います。
「なんだぁ」という方もいると思いますが、このチラシはとても重要な仕事です。
チラシをちょこっと考えてみましょう。
スーパーや家電量販店、車等のチラシってどうにも入ってしまうよね。
その仕事にかけて必要な写真を取りそろえ、価格や商品等何かと記載して、配置を考え、見ている人がぜひ行ってみたいと見せかける様な内容にする、そして締めきりに必ず間に合わせなければならない。
若手には甚だ勉強になる仕事ではないかと思います。
このどれもが出来なければグラフィックデザイナーの仕事は失格という事になるのです。
そういった事からも、チラシ製作はとても大切な仕事という事になります。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - グラフィックデザイン , , , ,