グラフィックデザイナーが働ける場所

      2016/12/26

美術系の大学(芸術大学、美術大学等)やデザイン系の専門学校を卒業した人の場合、商業系の学校に行った人と比べて就職する場所は、ほんのりなると思います。
その就職先の1つとして挙げられるのが「グラフィックデザイン」の仕事で「グラフィックデザイナー」という職業になります。
こんなグラフィックデザイナーが頑張れる場所としては、通常「デザイン事務所」「印刷会社」「広告代理店」「出版社」「最大手」等が挙げられます。
グラフィックデザインを主として仕事している会社から、企業のお抱えのグラフィックデザイナーまで動ける場所は沢山だと思います。
どうしても目にする事が出来ないグラフィックの世界だから今ひとつ場合が多いのではないでしょうか。
では、この中のどの場所に就職したら一番良いのでしょうか。
としてしまいますよね。
けれどもおんなじデザイン事務所も事務所が違えば内容も変わるしではなはだピンキリだと思うのです。
印刷会社と言っても印刷の仕事ばかりではなくてデザインの仕事もしていると言うのですから、真に会社をめぐってみて内容を聞いてみるのが一番ではないでしょうか。
実に実態とイメージに差が見て取れる仕事ですので、望ましい職場をみつけるのは難しいかもしれませんが、時間を掛けてゆったり探して、自分に当てはまる職場をみつけるのが大切だと思いますよ。
その足掛かりとして先程挙げた会社等に問い合わせてみると良いのではないでしょうか。

グラフィックデザインって何の事でしょうか

デザインの一種でグラフィックデザインという言葉を耳にする事が可愛らしく見て取れると思いますが、一体これはどういうものなのでしょうか。
デザインはデザインだと思いますが、平面の紙上に文字や画像、配色を色々な形で表示して、情報を報じたりメッセージを報じたりしようという目的で作られています。
言葉で表現すると幾らか難しいですが、簡単に言うとポスターや雑誌の広告っていう形かもしれませんね。
本や雑誌等は字を呼んでわたしに情報を伝えますが、グラフィックデザインでは色んなものによって情報を伝えているという事になるようです。
それほど考えてみると、雑誌の配置やレイアウト、電車にぶら下がっている中刷り広告なんかも同じ感じではないでしょうか。
グラフィックデザインは、伝えたいメッセージや情報を色んな表現によってわたし読み取り手に伝えようとする訳ですが、どんなに簡単に分かりやすく広めるかという事を位置付けるのが、苦しくも有り、楽しくも有りという事かもしれません。
そんなに考えてみると、グラフィックデザインはスタイリッシュよくても分からなかったら何の意味もないという事なのです。
グラフィックデザインを作って見るとして、分かりやすく色んなイベントを唱えると言うと、文字ばかりじゃなくイラストや配置等多々考えると思います。
一目で読み手に頷ける様に表現すると言うのはそこそこ耐え難いものだと思います。
分かりやすく言うと、わたしが年賀状を取るのに四苦八苦しますよね。
それと同じ様な事として頂けると良いでしょう。
耐え難い様で明るい、それがグラフィックデザインなのです。

グラフィックデザインは大変だけど楽しい仕事です

職業名を聞いただけで、「カッコイイ」とか「オシャレ」とか感じる仕事って在ると思います。
グラフィックデザインの仕事もグラフィックデザイナーとか言われてカッコイイとか感じる職業だと思います。
ただし、どうも華やかに窺えるグラフィックデザインの仕事も実にやってみると結構一大仕事で、一日中パソコンにかけているし、考え続けなければいけないしで、肩凝り、眼精疲労、腰痛と終始戦っている職業ではないかと思います。
また、ようやく出来上がって納期が明日で間に合ったぁなんて思っているたまに、クライアントから連絡が来て「案の定ここを直してほしいんだけど、納期は変わらず明日で。
」なんて言われたら、それが夜であろうと徹夜してでも作業して取り止める。
次の日はもちろん出社。
なんていう過酷な作業の時もやはり有り、ずいぶん一大仕事だと思うのです。
意外と大変でキツイ仕事のに意外に人気が見て取れる職業でもありますが、それはやっぱり自分が作ったものを色んな人が見てくれるし、自分も見る事が出来るからではないでしょうか。
その仕事がチラシだったとしても、新聞に入って届いたチラシを確かめるのは快感ではないでしょうか。
それがポスターや雑誌の広告ページに、そこに自分の名前が載ったら、意外と感激してしまう。
大変だった分報われた瞬間でしょう。
グラフィックデザインの仕事はそういった大変さも有りますが、それ以上に楽しい事も有るのです。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - グラフィックデザイン , , , ,