グラフィックデザインを作る人

      2016/12/25

色んな仕事が世の中に有りますが、グラフィックデザインを手がけている人の事をグラフィックデザイナーと呼んでいます。
グラフィックデザインとは難しそうなイメージがあると思いますが、主に商業デザインの事を指しています。
文字、イラスト、写真によって自分なりにデザインを通して伝えたい事を表現するというのがグラフィックデザインで、それを考えるのがグラフィックデザイナーの仕事になります。
この仕事はどうやら格好良く見えますが、第一線で常に絡み続けると言うのは全然苦しくて、実力次第でいかようにも上る、実力勝負の世界と言えます。
華やかな世界ではなくて、相当激しい世界という事の様です。
では、そういうグラフィックデザイナーがグラフィックデザインによって手掛けている仕事には如何なる事が有るのでしょうか。
グラフィックデザインと言うと、僕らには分かりにくいデザインで色んなデザイン画が表示されているという感覚が有りますが、じつはそう言うものばかりでは有りません。
伝わる所で言うと、雑誌の広告や、色んな所に張り出されているポスター、看板、商業用のカタログ、ダイレクトメール、デパート等の包装紙等々、印刷もののデザインを考えて作ってくれるのがグラフィックデザイナーの仕事なのです。
この様な一般的な仕事から、演劇や映像の世界で活躍している人等様々です。
この仕事で最も大切なのはこなせば良いという事では有りません。
クライアントが求めている内容をどんなに相手に話し易い様に表現する事が出来るか。
これが心から大切な仕事になるのです。
表現力がものをいう仕事、それがグラフィックデザイナーの仕事かもしれませんね。

グラフィックデザイナーには種類が有る

グラフィックデザイナーはグラフィックデザインをする人の事を指しています。
紙の様な平たい所にある印刷ものの事を指しています。
私達の生活からするとほど遠い様な感じがするグラフィックデザインですが、本当は身の回りの生活の中にかなり溢れています。
ポスターや電車の中刷り広告、雑誌の広告、DM、色んな商品のパッケージ等、結構身近です。
ここでは一種を挙げましたが、少し種類は見て取れるようです。
こんな平たい媒体にどんなに万人にわかりやすい様に情報を伝わるレイアウト、デザインが出来るのか、これがグラフィックデザイナーのセンスの見せ所となります。
自分の感性がものをいう職業ですね。
そういうグラフィックデザイナーですが、色んな種類のデザイナーが有ります。
大きい意味でのグラフィックデザイナー、紙面においてデザイン割り付けを行うDTPデザイナー、文字を人が引き付けけられる様にデザインするタイポグラファー、商品のパッケージをデザインするパッケージデザイナー、webのデザインをやり遂げるWebデザイナー、雑誌のデザインを為し遂げる雑誌デザイナー等、活躍出来る場は多岐に渡っています。
色んな種類が見て取れるとは言っても、クライアントの要望を応えるのがグラフィックデザイナーの仕事です。
私は絵は描き出せるけど文字は描けないという事は通用しない訳です。
すっかり出来る様にする為にも、色んな知識、技術、好奇心、向上心を始終秘める必要がある訳です。
そんなに考えると、グラフィックデザインの仕事がスキで、やるという著しい気持ちがなければ出来ない仕事だと思うのです。

グラフィックデザインはカッコイイのでしょうか

カッコイイ職業だなと思われている仕事として、グラフィックデザインを通しているグラフィックデザイナーという仕事が有ります。
どうしてもグラフィックとかデザインとか言われるとカッコイイですよね。
それに自分が作ったポスターなんかが街中に貼られていたりしたらそれはカッコイイでしょう。
確かにはたから見ていると派手だしカッコイイしって感じになると思いますが、本当は甚だ地味な仕事だと思うのです。
たとえばあるポスターを作るとします。
クライアントから要望を聴き、それに関する情報を徹底的に作る事から始まります。
そうして文字のフォント、大きさ、幅、形、色なんかを何回も作っては検討して修正してというのを繰り返していくのです。
それほど考えると一日中パソコンの前で考えている作業という事になりますよね。
もちろん仕事自体はポスター等なら派手かもしれませんが、チラシ作成とかとして延々と商品並べてレイアウト考えての繰り返しになりますよね。
誤字脱字が無いか入念にチェックしたりしますので、さすが地味で地道な作業と言えるかもしれません。
グラフィックデザイナーの仕事がカッコイイというのはポスターや雑誌の広告等、表舞台に出る様な仕事でそして出来上がった後がカッコイイというだけで、基本的には地味でせっせと作業を続ける仕事と言えると思います。
何をカッコイイと判断するかは人それぞれだが、カッコイイだけでグラフィックデザインの仕事を選ぶとギャップに躊躇うかもしれませんよ。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - グラフィックデザイン , , , ,