初めてのノートパソコンの場合

      2016/12/14

タブレットを購入するうえで、さまざまな比較対象となる要素をご紹介してまいりましたが、はじめてタブレットを購入する場合には、いったいどのへんを比較すれば良いのでしょう。
初めての購入は、やはり不安がつきものだから、目安もののものがあると嬉しいですよね。
なので、いよいよタブレットを購入する場合に比較するべき部分を、少々考えてみました。
初めて、家の中だけの移動のためであるのか、それとも出先で使用しよのか、それを考えて大きさ・サイズを決めましょう。
このときに共々、一般的にタブレットと呼ばれるタイプにするのか、それともネットブックにするのかも決めてしまうと良いですね。
デスクトップパソコンが自宅にあるのでしたらネットブックも良いかもしれませんし、パソコン自体が初めての買いものになるのなら、ネットブックでは足りないでしょう。
また、ネットブックにはDVDドライブやブルーレイディスクドライブが欠けるものが多いということも考慮に入れてください。
ドライブも、ついに購入するかたにとっては至極重要な比較要素だと思います。
パソコンでDVDやブルーレイディスクが見られるか見られないかは、映画だけとは限りませんよ。
最近の英会話をはじめとしたさまざまな教材などは、滅多にDVDになっていますから、このようなお勉強をする可能性のあるかたは、ドライブ付きが良いでしょう。
使うかどうにか未定であれば、付いている方をお勧めしたいですね。
そうして、二度と、パソコン自体が初めての買いものとなるかたは、サポートの評判が喜ばしいメーカーにしたほうが良いと思います。
パソコンに詳しい友人がいらっしゃるのであれば、そこまで図ることも無いかもしれませんが、思い付かことが発生した時や、トラブルに見舞われたときに頼りになる存在は必要です。

こんな比較はいかがですか

タブレットを購入するにあたり、比較する部分は数多くありましたが、比較してみて最高のものを選べばよいのか、それとも平均程度のもので良いのか、そんなことで、また頭をかかえることになっていませんか。
最も、スペックはきちんと暗いかたが多いので、数値の大きいものほど良いと思いがちではないですか。
いよいよ、ハードディスクの容量も、メモリの量も数値がおっきいほど素晴らしいことに変わりないのですが、最初からそこまで数多くなくても良いだろう・・・という部分も確かにあります。
そういったことは、身近にいる友人知人、または同僚や先輩などに遠慮なく聞いてみるのが良いでしょう。
パソコンに詳しいかたは、親身になって考えてくれると思いますよ。
また、タブレットの見た目やキーボードの打ちやすさに関しても、店舗でちょっと見て触っただけではどうも実感として掴めないかもしれません。
普段から、自分の友人や知人が持っているタブレットをよく見晴らしたり、長らくキーを打たせてもらったり、会社にあるのであればそれを見晴らし、触ってみるのが一番です。
ショールームなどで自由にスキなだけ触らせていただける製造会社もあるようですよ。
本当は、実ものを見て、触って、比較するのが一番良い方法ですからね。
少々型が古かったとしても、おんなじ製造会社であれば、モデルチェンジもしない限り使い心地はそれほど大差ありません。
それほどそうしているうちに、これと同じのがほしい・・・ということがあるかもしれません。
逆に、このタブレットはちょっと用い難いからやめておこう・・・という情報も大事ですよ。
体感して得た情報の全ては、次に購入するときのための大事な情報源になると思います。

比較の最終段階

インターネットの情報やパンフレット、友人や知人のアドバイス、自分自身の使用用途・・・さまざまなことを比較し、考え合わせてほしいタブレットがある程度まとまることでしょう。
その時点でただひとつだけに絞れるのであれば問題ないのですが、3種類くらいに絞りこんだ後、最後の最後で決断ができなくなってしまった・・・ということもかわいらしくあることです。
スペックに一緒。
見た目も、どれも気に入っている。
価格も似たりよったり。
既に比較決める部分がないという場合です。
さて、あなたならここでどうしてしますか。
オンラインで購入する場合には、相談相手がいないのでようやく自分自身で決断するしかないのですが、実店舗での購入であれば、人員の意見も参考にしてみてはいかがですか。
その場合、アルバイトでパソコンのことも良く分からない人員ではいけません。
パソコンに関しての知識は、そのお店で一番や次を張り合うようなかたでないといけませんでしょう。
そんな人員を探し出して、自分自身の使用用途やそれまでのパソコン歴などを話してアドバイスをもらうのです。
各店舗には、そんな優秀な人員がきっちりいるはずです。
二度と、お店で一番売れているタブレットがどれであるのか聞いて、参考にしても良いでしょう。
売れ行きが良いというのは、いよいよそれだけの何かがある場合が多いですからね。
それが、もしもあなたが絞り込んだ2~3の中のひとつであったら、あなたも一番人気のタブレットが急に魅力的に思えてくる。
反対に、ナンバーワンではない方が魅力的に表れるかたもいらっしゃるでしょう。
とも良いのです。
最後のひとつに絞り込めるのであれば・・・。
結局、最終的な決断というのは、比較を超えた部分にあるのかもしれません。

ノートパソコンを選ぶにあたって

タブレットが一台あれば、いかに便利で可能性が開けることでしょう。
前回の「タブレットの使い道」という記事も、それがご理解いただけたのではないかと思います。
これまでずーっとデスクトップパソコンだったというかたも、タブレットが欲しくなってきませんか。
ですが、タブレットはデスクトップパソコンよりも価格がおっきいのが一般的です。
ちっちゃなボディに全てをコンパクトにまとめているせいでしょうか。
そうして、持ち運びをするという性質から、足りないものをあとから付け足すについてにもいきません。
出来るだけ後悔しないタブレットを選びたいですよね。
2~3種類の中から選ぶという簡単なものではなく、たくさんの中から選ばなくてはなりませんから、何らかの基準のようなものが必要になってくるでしょう。
購入前の「比較」こそが、あなたにとって最高のタブレットを選ぶために必要です。
但し、パソコンに詳しくないかたにとっては、何を比較すれば良いのかさえ検討がつかないだろうと思います。
比較するべき対象は、本当は甚だたくさんあるんですね。
中には、パソコンに詳しいかたでないとわかりにくいものもあるでしょう。
ですが、現在、日本国内で売られているタブレットはどれをとってもそれなりに素晴らしいものですので、あとは、あなたが何に使用するのかという目的や、スキスキによって選択肢を小さくしてゆくのが良いでしょう。
無論、最初からひとつにこなせると一番よいのですが、恐らくは、あれもいいし、こっちもいい・・・ということで迷うことになるでしょう。
そのための消去法ですね。
比較できる要素を何かとピックアップしてゆきますので、タブレット選びに役立てて下さい。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - ノートパソコン 比較 , , , ,