ノートパソコンを比較する(キーボード)

      2016/12/10

デスクトップ型のパソコンとノート型のパソコンと両方をお使いになったことがあるかたは、おわかりでしょうが、キーボードを打つときの感じが極めて違いますよね。
タブレットは、デスクトップ型に対して非常に小気味よい感じで打つことが出来ます。
キーボードの凹凸自体も少ないですから、ほんのちっちゃな力でも文字を打つことが可能です。
デスクトップ型のキーボードは凹凸がしっかりとしていて、打つ時にもけっこう力が必要です。
ですから、普段タブレットを使用しているかたが、急にデスクトップ型のキーボードを使用すると、いとも打ちにくい感じがします。
タブレットで打つときの滑らかさが感じられないわけですね。
逆にデスクトップ型のキーボードに慣れて来る方が、急にタブレットのキーボードを打つと、今度は力が入り過ぎて何だか賢く打てない。
キーボード自体の幅も違いますし、慣れるまで長らく大変です。
極論、タブレット同士であっても、目新しいパソコンに変えた場合打ちにくい感じがあるのは確かです。
何故なら、おんなじノート型のパソコンであってもキーボードのデザインは機種によって様々だからです。
ですから、タブレットで文字を打つことが多いかたは、キーの配列はもちろんのこと、キーの大きさやタッチの具合などを現ものに触れて比較してみた方が良いのではないかと思います。
当然、これは「慣れ」もあるのですが、1日や2日で慣れて仕舞うものでもありません。
趣味で使用するつもりのパソコンなら、これから慣れるだろう・・・で済まされますが、仕事で使用するタブレットを購入するのでしたら、前もってキーボードに慣れていることも効率面では重要でしょう。

ノートパソコンを比較する(WindowsとMacintosh)

あなたがパソコンを使用して長らく経つかたであるなら、WindowsパソコンとMacintoshパソコンの違いというものは、何だかでもお解かりでしょう。
一言で言うならば「OSが違う」ということなのですが、OSが違うということであれば、WindowsだけでもさまざまなOSのヴァージョンがありますし、Macintoshも同じです。
それなのに、WindowsとMacintoshが比較陥ることが多いのは果してなんでなのでしょう。
これは、がんらいが、他社のオペレーティングシステムだったからなのです。
そうして、Windowsが主に一般的なオフィス系の仕事をするためのパソコンだとしたら、Macintoshはクリエイティブな仕事をしている人が扱うパソコン・・・といった大雑把な分類もなされていました。
実に、Macintoshは、音楽を創作するにもデザインやイラストを創作するにも大変適するパソコンであったのです。
実際に、それらを創作するためのソフトも、以前はMacintoshヴァージョンしかなかったわけです。
当然、用途に関係なく、パソコン自体のデザインが良いですとか、リンゴのマークが美しいですとか、そのような理由でMacintoshを選んでいたかたも大勢、いらっしゃいます。
現在では、Macintoshヴァージョンしかなかったクリエイティブ系のソフトもWindowsで使用出来るようになりましたので、クリエイターもWindowsを使用しているかたは数多くいらっしゃいます。
決して大きな差はなくなってきているということですね。
ただ、この二つは互換性が良くないので、両方で使用出来るソフトの数は少々少ないのが現状です。
とも、良い点もあれば悪い点もあるでしょう。
単にMacintoshのタブレットは、見た目のデザインの良さでは評価が高いです。
注意して観ていると、多くのテレビドラマではMacintoshのタブレットを使用していますね。
これらを必ず比較するためには、ご自身が両方を使用心がけるのが一番かと思います。

ノートパソコンを比較する(OS)

前回もOSによる比較のお話でしたが、WindowsとMacintoshの比較についてでしたね。
今回は、WindowsならWindows、MacintoshならMacintosh、その中でのOSについてお話してみたいと思います。
一般的に、パソコンを購入しに家電量販店などへ出かけた際に、そこで販売されているパソコンの多くは、最新のOSがインストールされていますよね。
今どき、中古市場でもWindows95や、Windows98が搭載されたタブレットは、売っていないでしょう。
しかしながら、最新のOSが発売されてから少々の間は、それよりもひとつ前のOSが搭載されたパソコンも手広く売っています。
そのような時に、どちらを購入するべきか戸惑うことはございませんか。
この場合も、前回とはちょい違っていますが、何よりOSで比較してみなくてはならないでしょう。
そうしたら、買うべきタブレットを決めます。
パソコンに詳しくないかたほど、あまり考えずに出来るだけ最新のものを貪るのではないでしょうか。
ただし、最新のOSというのは、たまに不具合が生じ易いもので、そうすれば直ちにまた目新しいOSを開発したりしてしまうのですね。
ですから、発売と共に安易に飛びつかない・・・ということも大切になってきます。
それまで使用していたOSが非常に古くさいものであるだとすればともかく、真新しいOSのひとつ前のヴァージョンであるとすれば、パソコンを新しくしても、引き続きおんなじOSを使い続ける方が良い場合もあります。
新しいOSが気に入らなかったら、後ほどまたひとつ前のものに戻せば宜しいや・・・などと感じ取るかたもいらっしゃるでしょうが、それもパソコンに詳しいかたでないと、非常に手間がかかったり、一部の機能が使えなくなったりもします。
ですから、タブレット購入の際は、OSを比較してみるということも大事ですよ。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - ノートパソコン 比較 , , , ,