ノートパソコンの使い道

      2016/12/07

長年、デスクトップのパソコンを使用していたかたであっても、ひと度タブレットを使用すると、その便利さにタブレットのファンになるかたは多いです。
持ち運びの手軽さを一旦経験すると、その便利さに驚くかたもいらっしゃるでしょう。
常に家や会社でしか使えなかったパソコンが、カフェも駅も空港も列車の中それでも、いやにどこででも使用出来るのです。
この嬉しさや感動は、一度でもそれを経験したことのある人しか理解出来ないかもしれません。
出先もインターネットがしたいと思ってネットブックを購入したけれども、やっぱり仕事も出来る方が便利だな・・・と考えが変わったかたもいらっしゃるでしょう。
仕事も、もう一度会社や自宅のなかで黙々とするものではなく、スキな場所でする時代になってきているのだと思います。
いよいよ、職業によっては、完全にそれが可能なかたもいらっしゃいます。
自営業でパソコン仕事の方でしたら、スキなたまにスキな場所で仕事をすることが可能です。
ならば、タブレットこそ七つ道具。
タブレットを持ち歩いて、インターネットに接続出来る環境にさえあれば、普段の行動範囲どころか、世界中どこでも仕事が出来るのですから、こうした嬉しいことはありませんよね。
そうして、スキな場所で仕事をするときのほうが、常に捗るのではないでしょうか。
これから、時代はどしどしそちらの方向へ行くと思います。
仕事は会社であっても副業はタブレットで・・・というかたも確実に増えてゆくでしょう。
そんな時には、如何なるタブレットを選んだら後悔しないでしょうね。
次回から、タブレットの比較について考えてみようと思います。
比較をしつつ、どの程度のタブレットが自分に必要なのかを見極めてゆきましょう。

ノートパソコンを比較する(ハードディスク)

これから、タブレット同士の比較を通じてみようとしています。
パソコンは非常に進化の速いもので、数年前に購入したパソコンに最新のソフトをいくつかインストールしたら、更に容量がいっぱいになってしまった・・・などということも珍しくないですよね。
近ころは、デジタルカメラで撮った写真や動画、またはダウンロードした映画や動画などをすべてパソコン内に保存して来るかたも多いですし、音楽のコレクションを保存なさっているかたも多いです。
保存に便利なうえに、いつでもスキなたまにクリックひとつで観たり聞いたり出来るパソコンは一体全体便利ですからね。
加えて、やはり古臭いソフトよりは最新のソフトをインストール狙う・・・その気持ちもわかりますよね。
ふっと、あれもこれもと際限なく保存してしまうので、ハードディスクがあっという間にパンク状態になってしまいます。
最新のソフトというのは、最新のパソコンの容量によって作られているようなものそれで、数年前のパソコンでは追いつかなくなることもしばしばです。
ですから、購入する時として、多少なりともハードディスクの容量が大きなパソコンを選ぶことをお勧めしたいですね。
最も、1年や2年でアッという間に買い換えることの出来るかたは、あてはまりませんが・・・。
また、それだけ進化の手っ取り早いパソコンですから、今ここで最新のパソコンを各メーカーからいくつか例にとって比較することも、あまり意味のないことのように思えてしまいます。
そういう比較の仕方ですと、半年もすればせっかく書いた記事がもっと古くなってしまうからです。
とすれば、特定したいくつかのタブレットの比較ということよりも、タブレットを購入する時として、どのあたりを気にして購入すれば良いのか・・・ということに重点をおいてお話したほうが良いのではないかと見なし至りました。
時として、特定のパソコンやメーカー名を流すかもしれませんが、そんな視点で話を進めて来るね。

ノートパソコンを比較する(CPU)

タブレットの選び方を、前回からお話しています。
前回は、ハードディスクの容量が出来るだけ著しいもの・・・というお話をいたしました。
せっかく買ったタブレットを出来るだけ長く使いたいのであれば、ハードディスクの容量は重要です。
最も、近ころそれでは、外付けのハードディスクもだいぶ安くなっていますから、そういったものをこれから購入して付け足しても構わないのですが、いよいよ持ち運びが出来ることがメリットのタブレットに外付けのハードディスクは、あんまり好ましいとは言えないような気がします。
今回は、CPUの比較をくださいか。
ネットブックとの比較のところそれでもお話しましたように、CPUはパソコンの要の部分です。
人間で例えるなら脳にあたるような部分でしたね。
この部分が優秀であることにこしたことはありません。
CPUと言うと誰でも聞いたことがあるのが「intel(インテル)」でしょう。
インテルの中にも、「Core」や「Celeron」などいくつか種類があります。
以前はインテルと言うと「Pentium」や「Celeron」が人気でしたが、時代は変わり、主流のCPUもサクサク変わってゆきます。
インテルの他には「AMD」がCPUの製造会社になります。
一般的に、この2社からの選択ということになると思います。
CPUは高性能であるほど良いのですが、その分、電気代がかかりますし、決められた資金内でしたら、再度他にお金をかけた方が良いという場合は多々あります。
パソコンをどんな用途に使用するのかを考えて、CPUを追及すると良いと思います。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - ノートパソコン 比較 , , , ,