デスクトップですか、ノートパソコンですか

   

今では一家に一台に一生近づいているというパソコン。
あなたがお使いなのは、デスクトップ型ですか。
それとも、ノート型ですか。
ともそれぞれにメリットとデメリットがありますから、比較出来るものでもありませんが、自宅でパソコンを使用することが多いというかたは、デスクトップでしょうね。
そうして、出張や移動が多いというかたは、タブレットを使用しているのではないかと思います。
無論、家の中だけでしかパソコンを使わないというかたであっても、タブレットを使用しているかたは手広くいらっしゃいます。
というのも、タブレットは、家のどの部屋にも持ち運びが簡単ですからね。
リビングでテレビを見ながら、ちょっと調べものが目指すときでも、自分のお部屋でゆっくりとスキなサイトを見たい時でも、どこにでも持ち運び出来るのが一番のメリットではないかと思います。
デスクトップ型は本来、持ち運びするものではありませんから、固定しても移動先もとも使用できるタブレットは、非常に便利なパソコンということになるでしょう。
タブレットの凄いところは、デスクトップ型と比較しても、さんざんちっちゃな形状の中にさまざまな機能が詰め込まれているところですよね。
DVDも観られますし、CDを聴くことも出来ます。
USBポートに繋げば、プリンターやデジカメを始め、さまざまな機具も使用できますし、SDカードの差し込みによっても色々な事が出来ます。
デスクトップ型と、主として貫く機能が詰め込まれているのです。
タブレットの良さを見直して、次回は必ずノート型を購入してみませんか。

ノートパソコンとネットブックの比較(1)

一時的に、ネットブックという非常に小さくて軽々しいパソコンが大人気となりましたよね。
このネットブックというパソコンは、一先ず、タブレットの中の一分類に属しますから、タブレットと言ってもとくに間違いということはないでしょう。
ですが、ネットブックという分類は確かにあるので、一般的に言われているタブレットと比較することも可能です。
ちょい比較を通してみましょう。
このネットブックというパソコンは、見た目が至極ちっちゃいですから多分一目でわかります。
ディスプレイも5~13インチ程度です。
そういう小型ですから非常に軽々しいですし、どういう鞄もすっぽりと収まって持ち歩きには大変適していると思います。
本来は、インターネットに関連した作業を、いつでもどこでも出来るようにという発想で作られたものと言いますから、一般的なタブレットほど、大量の機能は備わっていません。
ただし、携帯電話でインターネットをするには画面が小さすぎる・・・ただし、タブレットを持ち歩きするには重すぎて気軽さがない・・・。
そういう差し障りを感じていらしたかたは多いので、需要があったわけですね。
仕事のためであれば非常に多機能で便利なタブレットも、インターネット閲覧のためだけとなると重すぎたため、ネットブックが人気上昇したわけです。
家ではデスクトップ。
外出するときはネットブック。
このようなスタイルを実行するかたも増えました。
タブレットは、持ち運びができるパソコンとして作られたものそれではあるのですが、外で仕事をするわけでも無くインターネットを楽しむだけ・・・という時折ネットブックが良いということになりますね。

ノートパソコンとネットブックの比較(2)

本日もタブレットとネットブックの比較、続けようと思います。
前回は、その大きさや使用目的などについて比較を通してみましたね。
今回は、機能的部分について、一層詳細に比較してみましょう。
一旦、パソコンの要とも言えるCPUですが、これは人で例えたからには脳に当たるような全く要所です。
この部分が、一般的なタブレットの場合、非常に高価なものを使用しています。
どんな仕事もやれるように多機能でなければならないので、脳にあたるCPUもそれなりのものでなくてはいけないからです。
高価なCPUが搭載されていますと作業速度が手っ取り早いです。
ネットブックの場合は、安価なCPUを使用していますから、ネットブック自体の価格も安く抑えられているわけです。
そうして、安価なCPUは作業速度がのろいため、各種事を共に決めるとすると遅くて苛苛することになるでしょう。
遅くて苛苛するのには、いまひとつ、作業するためのメモリが少ないということも挙げられますね。
メモリの量が多いほど、作業はサクサクと進んでいきますが、メモリが少ないと全てが遅くなりイライラしてしまいます。
タブレットの場合には、購入時のメモリが少々少なめであっても、あとから大量に繰り返すことが出来ます。
ネットブックであっても増やせるタイプはありますが、購入時はタブレットに対して、思い切り数少ないのが現状です。
これもいよいよ、使用目的をインターネットに絞っていることにあるのでしょう。
そうして、ハードディスクの容量です。
これもネットブックは少なめですね。
ハードディスクではなく、もっと容量の少ないSSDを搭載しているものもあります。
でもパソコンは絶えず進化していますから、数年前のタブレットと比較すると、真新しいネットブックのほうが容量が多いということも、たっぷり有り得ます。
記憶メディアの容量もやっぱ、低いよりは多いほうが素晴らしいものです。
このように観てみますと、ともかく機能面においてタブレットよりもある程度劣っているということがわかりますね。

ノートパソコンとネットブックの比較(3)

タブレットとネットブックの比較、続いています。
前回は、CPUやメモリ、記憶メディアの容量などについて比較し、お話してみました。
結果として、ネットブックのほうがタブレットより劣っていたわけですが、それはわざとそしているわけですね。
本来、インターネットやそれに関連した業務のみを目的として作られているので、最初から無駄にCPUを高価にしたり、メモリを目色々詰め込んだりする不要のです。
その分、価格を非常に安く抑えているわけなのです。
ネットブックが思い切り売れた原因は、その大きさと価格にあったといっても過言ではないでしょう。
一般的なタブレットの最新モデルが15~20万円程度するのに比較して、ネットブックは5万や6万で貰えてしまうのです。
ひいては、イーモバイルなどの通信会社とセットで購入することで表向き100円などという売り出し方もしていました。
これは、安価なネットブックだから出来ることであって、タブレットでは無理があったでしょう。
購入するかたがたの方も、タブレット並みの高機能をネットブックに求めてはいけません。
仕事に扱う場合、又は多少なりとも大きな画面で快適にインターネットがしたいのであれば、それなりの金額でタブレットを購入した方が特に良いと思います。
近ころは、安価なタブレットも販売されています。
たまにDVDが観られなかったりする場合もありますが、DVDプレーヤーなどを別途持っていれば無用機能ですよね。
ご自分にとって、何が必要で何が必要でないかをよく考えてから購入すれば後悔しなくて済むと思います。
インターネットだけ出来ればいいというかたはけっこう多いですから、そのようなかたはネットブックで充分かもしれませんね。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - ノートパソコン 比較 , , , ,