google八分

      2016/12/06

20787879googleは、Webサイトの望ましいあり方を示すガイドラインを規定しています。
このガイドラインに違反するWebサイトは、google検索結果のページから削除罹る場合があり、これは「google八分」と呼ばれています。
google八分とは、仲間はずれを意味する「村八分」になぞらえて作られた言葉です。
世界的に大きく利用されているgoogleのWebサイトに表示されないということは、そのWebサイトは死刑宣告を受けるほど大きな悪影響にあたってしまうと考えられていることから、英語では「google Death Penalty」などと呼ばれていますよ。
グーグル八分には2種類あり、googleが自主的に削除を行うものと、第3者が申請を通してgoogleが削除を行うものがあります。
削除罹るサイトは国によって異なります。
それぞれの国で定められた法律に従って決定されています。
日本では閲覧することのできないサイトも、他の国のgoogleでは閲覧することができる場合があるのです。
ですが、googleの本社があるアメリカでグーグル八分にされているサイトは、他の国々も閲覧することはできません。
世界的に削除されていることから「全世界google八分」などと呼ばれていますよ。
キーワード検索を行った場合、google八分が行われているかを確認したい場合は、検索結果の一番下をチェックしてみましょう。
削除されていることが分かる文章が表示されています。

googleの中国撤退

2010年、googleの話題といえば「中国撤退」のニュースですよね。
2006年、グーグルは中国サイトを開設しました。
中国政府が定めた「言語統制ルール」を続けることを条件に開設したのです。
「天安門事件」や「チベット問題」などの政治問題に関するサイトは、検索結果に出てこないように規制を通していました。
このような条件のもとで開設されたことに対し、「全ての情報に平等にアクセスできる」ことを目的としているgoogleらしくないのでは?と指摘する意見も手広く、以前から問題視されていました。
このような背景の中、2009年12月中旬、中国からgoogleの企業インフラに対して「サイバー攻撃」を受けたことが探知されました。
詳しい調査の結果、googleに対してだけではなく、金融、メディア、インターネット、テクノロジーなど、様々な大企業、最低でも20社もの数の企業に対する攻撃であることが判明しています。
また、この攻撃は、アメリカや中国、ヨーロッパの中国人権活動支援者のGmailアカウントが、定期的にアクセスされていたことも分かっています。
盗まれたのは件名や日付だけで、本文までは読まれていないようですが、google側は、このサイバー攻撃はかなり高度なもので、組織的な犯罪であると主張しています。
インターネットの問題だけではなく、表現の自由が制限される、全く大きな問題であると指摘し、2010年1月、何とか中国からの撤退を表明しました。
がんらい中国の中でのgoogleのシェアは少々17%であり、運営が耐え難いという点も撤退理由の1つにあるようです。
1企業の撤退なのですが、世界的に効果のあるgoogleの撤退は、アメリカと中国の溝をますます深くしたのでは・・・という意見もあります。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - google , , , ,