googleの検索機能

      2016/11/29

17175087検索機能それでは世界で断然優れていると言われる「google」。
調べたい語句を入力すれば簡単に検索を行うことができますが、googleの検索機能には色々なものがあります。
使いこなせばますます効率よく的確な情報を得ることができますよ。
・OR検索
2つのキーワードのどちらかが含まれているサイトを検索目指す場合に使います。
「○○OR××」というように、語句と語句の間にORを入れます。
ORの代わりに「|」を入れても良いですよ。
・NOT検索
検索結果から除外したい語句は、語句の前に「-」を入れて除外します。
ブログの情報を除外したい場合は、「-トラックバック」と添えると燃やすことができますよ。
「-」の前は、スペースを含めるようにしましょう。
・ドメイン内検索
特定のドメイン名の中でのみ、検索することができます。
「site:」を入力し、続けてドメイン名を入力してみましょう。
「site:ドメイン名 ○○」と入力すれば、指定したドメイン名のサイトの中から○○を検索することができます。
・ファイル形式内検索
ファイル形式を限定して検索することができます。
ドメイン内検索と同じように、「filetype:」と入力し、続けてファイル形式を入力しましょう。
引っかかる事柄が薄々していて、適切なキーワードが感じ取れ、という場合もありますよね。
そんな時は、最初から的確なキーワードを入力決めるとはせず、それでは調べたい事柄から思い付くキーワードを入力しましょう。
検索結果からますます効果的だと思われるキーワードを拾い、繰り返し検索すると、求めていた検索結果にたどり着くはずです。

キャッシュ機能

検索サイト「google」には便利な検索機能がたくさんありますが、他の検索サイトには無い検索機能に「キャッシュ」があります。
「キャッシュ」といっても「現金」の意味ではなく、「cache」、貯蔵所の意味があります。
googleのキャッシュ機能は1997年に導入されました。
閲覧したサイト、ざっとのサイトを以て保存する機能です。
利用者は数分前に閲覧したものから数ヶ月前のものまで、自由にアクセスすることができますよ。
さらにあのサイトを閲覧したいのだけど、すでに削除されていた、なんてことはよくあることですよね。
キャッシュ機能を利用すれば、一時的にアクセス不能になっているサイトや、削除されてしまったサイトも閲覧することが可能ですよ。
閲覧してから内容が更新されているサイトは、最初に閲覧したときの状態を探ることができます。
このキャッシュ機能、利用者にとってはとても便利な機能だと言えますよね。
ですがキャッシュ機能を使えば、無料提供ではなくなったサイトも自由に閲覧することができてしまい、ウェブサイト運営者からは問題視する意見もあります。
また、ニュースサイトが保存されている場合、古い情報がウェブに残っていることになり、法的問題も起こりかねないのではないか、という意見もあるのです。
google側は、保存は臨時で、無効となっているリンクは順次抹消しているとしてあり、またサイト運営者はキャッシュ機能を無効にすることが可能であることから、問題視することはないとしています。
googleはずっと革新的なサービスに力を入れていますが、毎日数百万人のユーザーのあるgoogleだからこそ、革新的なサービスには注意すべき点もあるということですね。

イースターエッグ

「イースターエッグ」を知っていますか?
本来の意味は「復活祭の卵」です。
キリスト教の復活祭(イースター)のシンボルで、復活祭ではカラフルな色が塗られた卵を部屋の中に隠し、子供達がみつける遊びがあります。
同じように、ソフトウェアにも仕掛けが隠されていることがあり、それを利用者が探し当てて楽しむことから、こちらも「イースターエッグ」と呼ばれています。
最初は特殊な操作でプログラマーの名前が出てくるようなものでした。
初期のころのエクセルでは、ある語句を入力すると丘に建てられた碑にプログラマーの名前が書かれていそうです。
少し前のエクセルでは、フライトシュミレーションやカーレース、ワードではピンボールを楽しむことができました。
世界でひときわ利用されている検索エンジンgoogleも、イースターエッグは存在しています。
googleの検索画面を解き放ち、「google easter egg」と入力し、「I'm Feeling Lucky」をクリックしてみましょう。
バケツを有するウサギが出てきます。
上から「Google」のアルファベットがバラバラに落ちてくるので、マウスでウサギを移動させて「G」「o」「o」「g」「l」「e」の順番にアルファベットをキャッチしましょう。
文字がそろうと次のステージにすすむことができますよ。
シンプルな遊びですが、知っていると実に嬉しいですよね。
この他にも、検索画面に「人生、宇宙、すべての答え」と入力するとジョークメッセージが表示されたり、画面表示を変えたりして遊ぶこともできますよ。
グーグルの画面といえばプレーンホワイトの暖かいイメージですよね。
検索画面に「google gothic」と入力し、「I’m Feeling Lucky」をクリックしてみましょう。
グーグル画面がシックな大人の雰囲気に変わりますよ。
ぜひ一度お試しどれどれ。

googleマップ

googleには様々な検索機能がありますが、地図情報を検索したいなら「googleマップ」です。
googleマップはオンラインの地図情報サービスです。
googleのトップページを解き放ち、「マップ」をクリックしてくださいね。
マウスでドラッグするとスクロールすることができ、また拡大や縮小も簡単に行なうことができますよ。
他の検索サイトも同じサービスはありますが、googleマップはデータの読み込みも早く、使いやすいのでお薦めですよ。
地図を表示する以外にも、ショップやレストランを検索する場合は、レビューを見たり営業時間を確認したりすることもできます。
具体的な情報がなくても、たとえば「ラーメン 渋谷」と入力すれば、渋谷にあるラーメン店が表示されます。
電話番号も表示されるので安心ですね。
場所の確認だけではなく、ルート検索も可能です。
住所や駅名などを入力すると、目的地までのルートが表示されます。
ルート上に必要な通過地点を継ぎ足したり、ルート変更したりすることもできますよ。
地図表示から航空写真に差し換えることもできます。
地図と航空写真を重ねて表示することも可能です。
googleマップにはモバイル版もありますよ。
「Googleモバイル ローカル検索」という名でサービスされています。
機能は通常のgoogleマップと大きな違いはなく、操作も簡単です。
GPS機能として、現在地が地図上に青い点で表示されます。
このサービスを利用すれば道に躊躇う心配はありませんね。
利用可能機種は限定されていますが、定額料金も不要でお薦めのサービスです。
ぜひ利用してみてくださいね。

googleストリートビュー

地図情報を検索するなら「googleマップ」がお進めです。
情報が短く、操作も手軽で使いやすいですよ。
また、googleマップといえば「ストリートビュー」機能が話題となっています。
ストリートビューとは、その名の通り、路上に立っている視点で360度の風景を見渡すことのできるサービスです。
2007年5月に開始されたgoogleマップは、アメリカの主要都市でのみ対応されていましたが、その後、アメリカ全土に行き渡り、現在ではイタリア、フランス、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、スイス、オランダ、ポルトガル、チェコ、カナダ、シンガポール、メキシコ、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、フィンランド、台湾、香港、マカオ、そして日本まで、サービスが拡大されています。
日本では、札幌、函館、小樽、仙台、東京、千葉、埼玉、鎌倉、横浜、大阪、京都、神戸の12都市で利用することができますよ。
googleマップ上にある「ストリートビュー」ボタンを押して、見たい都市の上に位置するカメラアイコンをクリックしてみましょう。
自分がその場所に立っているかのように、鮮明な景色を楽しむことができます。
旅行の計画にも活用できますし、引越しする場合には地図だけでは分かることのできない周囲の環境も確認することができますね。
利用者には便利なgoogleマップですが、一方でプライバシー侵害になるのではないか、という意見もあります。
画像が鮮明であるがゆえに、住宅街などの小さい場所や建ものの中まで見えてしまう場合もあるのです。
googleマップでは、不適切な画像はユーザーからの指摘に沿って削除するソリューションをとっています。
利用者それぞれが分別のある使い方を通して上手に活用出来ると良いですね。

googleトランジット

電車として見知らぬ土地に出かける場合、どこの駅で降りたら良いのか、乗り換えはどうしたら良いのかを調べておく必要がありますね。
最近ではインターネットの検索サイトとして手軽に確かめることができますが、googleの経路探索サービスは「googleトランジット」と呼ばれています。
googleトランジットは、2005年12月にアメリカで試験的に始まりました。
日本語版のサービスは2006年10月に携帯電話から登場しています。
パソコン向けのサービスは2007年4月に開始されていますよ。
出発駅と到着駅を入力すれば、可能な経路が全て表示され、所要時間や交通料金、乗り継ぎがある場合は乗り継ぎ駅の情報なども表示されます。
駅名が重複している場合は、適切と思われる経路を優先して表示して貰えるよ。
最寄の駅名が思い付か場合けれども安心です。
googleトランジットなら、住所や施設名を入力すれば最寄の駅を指定して経路を探索することができます。
また、発着時刻を指定して探索することも可能です。
料金の安っぽい順、入れ換え回数の少ない順に表示することもできます。
終電の時刻も探ることができるので安心ですね。
また、googleトランジットのもう1つの大きな特徴として、googleマップと経路を重ねて表示することができるという点があります。
駅の乗り継ぎだけではなく、地図上で経路を確認することができれば具体的で分かりやすいですし、最寄駅から目的地までの徒歩経路もgoogleマップで確認することができるので嬉しいですね。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - google , , , ,