「google」とは?

   

16522885何かについて引っかかる時、以前は本を買ったり図書館に行ったりと、自分で足を運んで見定める必要がありました。
ですが現在ではインターネットを使って簡単に見つけることができますね。
パソコンや携帯電話において引っかかる事柄を入力するだけで、手軽にたくさんの情報を得ることができます。
この情報を無料で提供しているインターネットは「検索エンジン」と呼ばれています。
日本でよく知られている検索エンジンには「Yahoo! JAPAN」、「goo」、そして「google(グーグル)」がありますね。
「google(グーグル)」は、アメリカのソフトウェア会社です。
1998年、スタンフォード大学の学生であった「Larry Page(ラリーページ)氏」と「Sergey Brin(サーゲイブリン)氏」によって設立されました。
もともとはスタンフォード大学の研究プロジェクトとして立ち上げられたもので「BackRub」という名の検索エンジンでした。
1997年に「google」という名が擦り込みられました。
ラリー氏とサーゲイ氏は大学からちょっぴり離れた場所にある車庫で検索エンジンの開発をしたそうです。
検索エンジンとしてはたいして初々しい会社ですが、2000年には世界で最も大きな検索エンジンとして、もう一度2002年には世界でひときわ人気のある会社として、世界各国への対応も積極的に進められています。
2000年9月には日本語版のサービスも始められました。
日本ではYahoo! JAPANの次によく利用されている検索エンジンです。

googleの名前の由来

世界中で大きく利用されている検索エンジン「google」。
1998年、スタンフォード大学の学生「Larry Page」と「Sergey Brin」によって設立された会社ですが、google(グーグル)という名前にはどういう由来があるのでしょう。
googleの語源、それはまことにスペルミスをした事だったのです。
膨大な情報量を持つことから、10の100乗を意味する「googol(グーゴル)」をドメイン名として登録するつもりでした。
ですが綴りを間違えて「google」と入力したことから、この名が会社名として押し付けられたのです。
現在では検索する、ということを、googleの名前から「ググル」なんて扱うこともあるようですが、スペルミスがなければ「グゴル」となっていたかもしれませんね。
googleとならび、日本でよく利用されている検索エンジン「Yahoo!(ヤフー) JAPAN」。
因みに語源は何。
はじめてYahoo! JAPANを目にする人は、「ヤホー」と読んで仕舞う人も多いですよね。
確かに「ヤッホー」というかけ声とYahoo!とかけているという説もあります。
ですが実際には、「Yet Another Hierarchical Officious Oracle」の略語だと言われていますよ。
googleものの名前をもつ「goo(グー)」では、global networkが無限大に拡大する、に関してから名前が付いたそうですよ。
丸ごと馴染み深い名前となった検索エンジンですが、語源を覚えておくと、グングン身近に見えることができそうですよね。

googleのロゴ

googleのトップページはホワイトを基調としてシンプルなものですよね。
「google」のロゴが綺麗に映えていますが、ロゴをよく思い出して下さい。
4色でできています。
レゴブロックを思い起こしませんか?
googleの創業者である「ラリーペイジ」と「サーゲイ・ブリン」は、googleのロゴを自分達でデザインしようと考えていました。
ですが結局デザイナーに依頼することにしたのです。
最初に考案されたデザインは黒色で書かれたシンプルなデザインでした。
そしたら様々なデザインが生まれ、現在のロゴデザインとなっています。
元々ラリー氏とサーゲイ氏がレゴブロックスキであったことから、レゴに使われている3原色を使用することに決めたのです。
ですが、「L」はレゴ3原色とは異なります。
そこには、「ルールに従わない」というgoogleの自由な発想を示す意味が秘められているのです。
現在でもgoogleとレゴは濃い関係でつながっています。
大卒者の採用試験では、レゴ演習が行われていて、入社希望者の創造力を判断する材料となっているそうですよ。
また、ラリー氏とサーゲイ氏の影響からか、google社員にはレゴファンが沢山いるようです。
シンプルで使いやすい、創造力で様々なものを見つけることができる、というレゴブロックは、googleの信念とつながるものがあるのですね。
googleニューヨーク社には、おもちゃ屋さんに匹敵するほどの沢山のレゴ作品が飾ってあるそうですよ。
業務を終えたレゴスキな社員が、夜の間に様々なレゴ作品を作って、毎朝出勤する人達の目を楽しませているようです。
一旦見学してみたいものですね。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - google , , , ,