iphone 4とは

   

9639966

「iphone 4」とは、2010年6月に発売を始めたiphoneの第4世代のことです。
2008年に発表されたiphone 3Gから2回目のフルモデルチェンジです。
今となっては、古いスマホです。しかしアップルの人気は続いているので古いものでも欲しがる人がいます。
ボディ背面のデザインを従来のiphone 3Gから変更しています。
従来の背面はポリカーボネート製でできた丸みを帯びたデザインでした。
今回強化ガラス製でできた平坦なデザインに変えました。
側面は金属製フレームが露出していて、アンテナ機能を兼ねています。
従来のiphoneよりもiphone 4は低減、薄型化を果たしました。
システムチップに関しても自社開発したApple A4プロセッサとして高速化と省電力化しました。
高解像度のディスプレイも搭載しています。
背面には500万画素のカメラがついていて、LEDのフラッシュライトがついています。
「Face time」でビデオ通話する際に便利なようにカメラは前面についています。
機能をみると、HDビデオ記録機能があり3軸ジャイロセンサがついています。
バッテリーを高容量化していてビデオ編集やマルチタスク、アプリケーションフォルダを実現して大幅機能の向上を果たしました。
容量は16GBのものと32GBのものがあります。
バッテリーを高容量化したこととA4プロセッサに移行したことでバッテリーの駆動時間が40%以上も向上しました。
カラーはホワイトとブラックの2色で従来のものと同じですが、製造上の問題によりホワイトが2010年7月の発売開始当初はブラックのみで、ホワイトは2011年春の発売となりました。
これによりiphone 3の販売は終了となります。

仕様

iphone 4の仕様について説明します。
初期搭載されている「iOS」は「iOS 4」です。
「ディスプレイ」は3.5インチで画面比率は3:2です。
プラスチックより何十倍も強化されたガラスでキズがつきにくい「アルミノケイ酸ガラス」を使用しています。
液晶ディスプレイはIPS方式です。
指紋がつき辛いように撥油コーティングも施されています。
「グラフィック」は3GS同様に「PowerVR SGX535 GPU」となっています。
「ストレージ」は16GBと32GBの2種類です。
「CPU」は「Apple 4 1GHz」です。
「メモリ」は512MBです。
「カメラ」は背面に5.0メガ、裏面照射型でCMOSイメージセンサがついています。
表面にVGAサイズの写真とビデオ撮影用のカメラがついています。
「通信や接続」に関しては、従来のものに加えて「3軸のジャイロスコープ」機能やマイク2つにノイズキャンセリングをつけています。
microSIMカードも使えます。
「材質」はアルミノケイ酸ガラス、ステンレス鋼です。
「電池」は内蔵充電式のリチウムイオンポリマーの二次電池です。
「連続利用時間」は待受けで300時間、連続通話が3Gの場合7時間、2Gの場合14時間。
WebはWi-Fiを使えば連続10時間、3Gならば6時間です。
音楽は40時間、ビデオは10時間連続利用が可能です。
「サイズ」は115.2mm*58.6mm*9.3mmです。
「重さ」は137gです。
「発売開始」はiphone 4のブラックが2010年6月、ホワイトが2011年4月です。

microSIMカードについて

iphone 4が対応している「microSIMカード」は3Gの通信機能を利用するために必要なものです。
従来の携帯電話には「SIMカード」に対応していましたがこれそれでは役不足なのです。
2010年の時点で国内では「microSIMカード」は発売されていませんでした。
従来のカードよりも一層削減されているので、端末自体を削減することができるとiphone 4以外にもiPadなどで採用されています。
今後も様々な端末に使われることになると思います。
「microSIMカード」は、契約者の情報や認証情報を記録するのに扱う「USIMカード」と互換性を持ちつつ小型化したものです。
欧州の携帯電話の規格を決める団体が中心として3G方式の携帯電話で使えるように標準規格として定めたものです。
カードの中にはCPU、RAM、ROM、EEPROMなどのメモリと暗号化コプロセッサが組み込まれているワンチップのコンピュータが含まれています。
カードの保護層をもの理的にはがされたとしても、内部データを読まれないように耐タンパ性能があります。
海外の場合は電力監視装置などの通信モジュールに使われています。
3Gによるデータ通信を行う機器でmicroSIMカードに対応するものが目立ち始めています。
従来の携帯電話に使われているUSIMカードの機能を基本的にmicroSIMも受け継いでいます。
カードには個別IDが記録されていて、他の携帯電話にカードを装着すればカード内の情報を読み込んで自分の携帯電話と同じ環境で扱うことができます。
この場合電話番号も自分の電話番号で通話することができます。
もっとセキュリティ認証や暗号化や復号化する際に必要な情報、サービス利用履歴なども記録されています。
microSIMカードではセキュリティ機能の強化を通じています。
そのため基地局に接続した際になりすまし防止機能、階層化PIN機能モードの追加などを導入しています。

不具合

アンテナ部分が露出している構造のiphone 4ですが、この部分について不具合が起きてあり訴訟が起きるほどの問題となったことがあります。
設計上の問題なのか、左手でiphone 4を持つとアンテナが露出している部分を塞いでしまうために電波の受信感度が悪くなって仕舞うという問題が起きました。
受信感度が悪くなるので、恐ろしい時折通話や通信がふらっと切断受けるということもあったようです。
アメリカではこの点を欠陥と認識していながら利用者に注意喚起を行わなかったので、不具合商品を以て売り出し続けているアップル社に対して集団訴訟まで起きました。
訴訟内容は設計や製造と組み立て時点における欠陥に関してと保証違反、意図的不実表示、隠ぺい詐欺など様々なものがありました。
これに対して販売元のアップル社がこれはiphone 4だけの問題ではないとして反論しました。
アンテナの感度はソフトウェアの改善をするとして、アンテナに指がさわることで感度が落ちる点については、アンテナに指が触れ難いようにiphone 4用のケースを無償で配布しました。
もう一度月以内の購入者は返品も認めました。
ときの無償配布は2010年の9月で終了しています。
また他メーカーのスマホにおいても同じように持ては受信感度が悪くなることをメディアにおいて機種名などを具体的に発表しました。
機種名を載せられた他メーカーからは反論や非難を浴びせられました。
それ以外にもiphone 4では液晶ディスプレイの変色が一部のモデルで起きているとして問題になりました。

おすすめプロバイダーランキング

1.So-net モバイル WiMAX

So-netは最もおすすめできるプロバイダです。月額料金は最安クラスでキャッシュバック金額はトップクラスの27,000円。1年中24時間の無料電話サポートあり。サポートオプションの種類はプロバイダの中でNo.1。料金、特典、サポートが一番高水準でまとまっている三拍子そろったプロバイダです。SONYの子会社であるSo-netはインターネットプロバイダ事業を多数展開しており、その実績からサービスの安心感は高いです。何も考えず選んだとしても絶対に損しないプロバイダです。特に条件がなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBE WiMAX

 BIGLOBEも老舗の有名なプロバイダでサービスの安心感はピカイチです。契約後に使えるようになる会員ページは長年のプロバイダ運営経験が活かされた物となっており、WiMAXの中では一番使いやすい作りになっています。プランの変更や追加のオプション申し込みなどがとてもスムーズです。また、口座振替で毎月の料金が支払える珍しいプロバイダでもあります。クレジットカードを持っていな人やクレジットカードで支払いをしたくない人には嬉しいですね。そしてBIGLOBEの最大の特徴は「キャッシュバックの受け取りが確実」という点です。WiMAXプロバイダではキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまって、貰うことができなかった人が一定の割合で常にいます。キャッシュバックの手続きは代替利用開始から1年以上経ってからしかできないので、覚えておく自信のない人はBIGLOBEにするべきです。

3.DTI WiMAX

 キャッシュバックは28,500円で全体の2位、月額料金も25ヶ月目以降は最安で長く使えばお得になります。DTIはあまり目立たないけどとても優秀なプロバイダです。ただ、クレードル無料キャンペーンがない、他プロバイダでは当たり前の利用開始月無料キャンペーンがないなど、契約当初のお得感はあまりありません。安心サポート2ヶ月無料キャンペーンを行っていたり、独自の「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるなど他の部分でお得感は十分あります。DTIもSo-net同様サービスや特典など全てが高水準でまとまっているプロバイダなので、契約して絶対に損はしません。

 - iphone4の古い話 , , , ,